設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.061「増築」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.061「増築」

土地を買って建物を建てるとなると
地域や面積に違いがありますがなんとなく4000万円以上必要ですね。
土地が2000万円
建物が2000万円
諸費用が400万円
これだけで4400万円です。
丸まるローンを組んだら
変動30年、ボーナス併用無しで
月々17万円、年にして205万円
そして総支払額が6156万円。

あなたも計算してみましょう。
「マネープランシュミレーション」
http://www.btm.co.jp/home_j/mnyp_s/kariru/LoanHous.htm

人生楽しむためには他の選択もあります。
中古住宅購入です。
土地もデフレの影響で安くなりました。
建築後15~30年の中古住宅ですと
古いほど建物の価値が無くなるので
「基本的に土地代だけ」の中古住宅なんていうのもあります。
少しだけなおして使う分にはお得だとおもいます。

「土地だけほしいから中古住宅を買って建物壊して
そこに新築を。。」とお考えの方はちょっと注意が必要です。

注意その1
建物を壊すのには解体費が必要です普通の2階建て住宅なら
坪2~3万円。(30坪なら90万円)
土地が狭かったり、道路が狭いと解体機械が入らないので手壊しになり
一気に1.5倍くらいになります。
鉄骨や鉄筋建物ですと基礎が堅牢なのでこれまた割高。

注意その2
昔は水道の引き込みの管径が13ミリと細いので水圧が弱いと
十分な供給が出来ないので道路から新たに20~25ミリの管に
変えなければなりません。
道路を掘ったり、ガードマンを入れたりで100万位かかるときもあります。

注意その3
土地の形状がひな壇状で玉石などの石積みの場合は新たにコンクリートの擁壁に
作り直すか建物の基礎を深くする必要があります。
コンクリート擁壁は高さ2mを越えると金額が上がります。

注意その4
地下車庫がある場合、古いと建築基準法上の検査済みが無い場合があり、
その上に建物を新築することは基本的に出来ません。
ですのできちんと構造計算をして許可をとった地下車庫をあらたに作らなければ
なりません。

注意その5
土地がゆるいとあらたに杭を打たなければいけません。

上記のことだけでも結構な出費ですね。
よほど土地が気に入った以外は要検討です。
スポンサーサイト