設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.052「ホームセキュリティ」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.052「ホームセキュリティ」

最近はすっかり物騒になりました。
真剣に家を守ることも設計に盛り込まなければなりません。
「ホームセキュリティー」と聞くとなんだか仰々しいとおもいますが
結構、安価なものも出ています。安くなるほど
自己責任のウエイトが大きくなっている様子です。
一般的な大手のセコムの料金形態です。(標準的な2階建て住宅)
機器はレンタル
警備料金\11000/月
取り付け工事費\80000
保証金\20000
20年利用すると274万円かかります。
泥棒さんに274万円を取られますか?
セコムに274万円取られますか?
侵入者をキャッチすると警備会社から警備員が派遣されます。
到着するまでおよそ15~20分
泥棒さんは10分で仕事完了。
泥棒さんセーフ。
一方、この警備会社の警備員が派遣されない自己責任タイプの
セキュリティーシステムとは
(セキュリティの会社「メックジャパン」の場合)
留守中、侵入者を窓センサー+赤外線センサーなどで
感知すると本体が自ら電話をかけて携帯に連絡をします。
携帯のボタン操作で1建物内部の音を聞く、2建物侵入者に
呼びかける、3警報音を鳴らす、4相互通話をする。が
出来ます。
就寝中は人感センサーはOFFになり窓センサーのみを
働かせて侵入者を感知します。
電話は今までの電話回線をそのままつかえます。
(もちろん今までの電話機器もつかえます。)
デモンストレーションしてくれましたが音も大きく
オペレーションも簡単でした。

ACアダプターで電源は電気です。
本体が12~15万円
その他各種センサーが家一軒分で大体6~16万円
取り付け工事が半日で2万円一日4万円
新築だと工事中に取り付ければ窓センサーからの配線が
天井などに隠せた状態で本体まで行きますが
既存建物はそれらの配線が見えてしまいます。
只、電池を使うことが無いので電池切れの心配がないと思います

既存建物用は無線タイプがお奨めです。
機能は上記と同じです。
センサーごとに電池が必要ですので交換が必要です。

信頼性がありそう「ナイスワン」128000円
http://www.come-on.co.jp/yk/bouhankiki/niceonessm.htm

一番安い「イーグルアイ」49800円
http://www.world-corp.co.jp/anshin/index.htm

二番目に安い
商品名:「ソニックセーフティー」75000円
http://www.okurimono.ne.jp/key/p1.shtml

ちょっと怪しい「ワイヤレスホームセキュリティー」
http://www7.xdsl.ne.jp/~kouichi/item.htm

「ASSA365」という商品です「ソニックセーフティー」
と同じ品物です。
http://www.ken-ichi.co.jp/setox/index.html
スポンサーサイト