設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.041 設備配管
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.041 設備配管

インターネットの普及で家も電脳住宅と変わりつつあります。
この変化の過渡期でお客様も家の中の配線をどのように考えるかが
悩みの種になっているようです。

有線というと昔は電話配線だけだったのですが
今は電話の他に
ADSL
CATV
CS
BS
TVインターフォン
AVの5.1chシステム
と軽くこのくらいあります。
電気図面も様変わりしてこれらの配線で真っ黒くなってきました。
「ADSLも良いけど光ファイバーがまだ来ていないし
CATVでCS、BS全部を賄いきれないし、
サーバーを置いて映画や音楽を居間の5.1chシステムで鳴らしたいし、」
とこのような感じになります。
具体的な解決案はありませんが
この辺は設計者とよく時間を重ねて検討されると合理的な配管案が出来るとおもいます。
現に電気工事屋さんなどと膝を交えると個人レベルの話よりグッと整理されました。
ネットワークもワイヤレス化するかも知れないので
電話配管に使うCD管程度の配管(電話端子のような仕上げ)してどんな線でも
引き込めるようにフレキシブルな納まりにしておくほうが良いと感じます。
ただし、光ファイバーは曲率に制限があるそうなので要注意です。

スポンサーサイト