設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.406「雪止めのススメ」

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.406「雪止めのススメ」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「雪止めのススメ」

酷暑に涼しい話題を、、、

地球温暖化に伴い極端な気象現象が増えました。
爆弾低気圧、巨大台風、巨大竜巻、猛暑。
冬も局地的な豪雪。

住まいもこれらに耐えるように強化しなければなりません。
関東地方で忘れた頃に迫り来るのが大雪。
まったく慣れていないので雪の対処方法に悪戦苦闘。
雪かきで腰痛になったり、滑って腰を強打したり、、、

忘れがちなのが、解けた雪が屋根からドスーーンと落ちること。
あるお宅では自宅の屋根の雪が落ちてお隣のフェンスを壊してしまったといいます。
このように隣人を巻き込んでのトラブルは避けたいもの。

雪があまり降らない地方でもこれからの屋根には雪止めを
取り付けておくのが肝要です。
5~10万円もあれば大丈夫でしょう。

南側屋根にはソーラーパネルを取り付けることもあるので、
雪止めは付けにくくなります。(ソーラーパネルと軒先の間に付ける事が出来ます。)
ただ、自宅の南側は日当たりを良くする為に庭を取るので、
雪は自宅の敷地に落ちることになります。
一方、自宅と北側敷地境界までの間は出来るだけ狭くするのが通例なので、
北側屋根には雪止めをしっかりつけたほうが良さそうです。

因みに、自宅の雪が隣家のフェンスを壊した場合、
自己の損害保険は適用されず、相手の損害保険を使うことになります。
益々トラブルになりそうですね。

スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。