設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.398「暴力教師から逃げる家 朗らか仕様」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.398「暴力教師から逃げる家 朗らか仕様」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「暴力教師から逃げる家 朗らか仕様」

今年の初め、大阪の体育教師が体罰を繰り返し、苦にした生徒が自殺を
するという痛ましい事件がありました。
教育と体罰、立ち位置でいかようにでも解釈出来るデリケートな問題です。
もし、それが体罰だったら建築的にどうディフェンスが出来るかを
考えてみました。

子供の表情が先ず判ることが一番。
玄関から真っ直ぐ自分の部屋に入ってしまっては、
悩みを聞く、きっかけすら作ってやれません。
自然と話すきっかけが作れてしまう家がいいでしょう。

玄関は廃止します。居間の窓を開いてカーテンから、
「ぬぅ~~~っつ」と帰ってくるイメージです。
それではスマートさに掛けるので居間の前に土間をつくりましょう。
そこで椅子に腰掛けて靴を脱ぎ居間に入ります。
靴の汚れは心の汚れでもあるので、父親はビール片手にプロ野球中継を
観るふりをしながらそこはかとなくチェックが出来ます。

居間の壁の裏が着替え場所兼、本棚兼、収納になっています。
特に扉はありません。リラックスした部屋着になり、
横の洗面脱衣で洗濯物を出して、うがいと手洗いを済ませます。
夕食は円卓に腰掛け、和やかな距離感を作ります。
おかずは大皿に載せて皆でつまみます。
互いの箸がぶつかり、
「おっと孝太、お父さんが頂くぞ。おっつ、どうしたぁ~その手のアザはぁ~」
と自然な問い掛けが出来ます。
円卓の延長が調理台なのでお母さんの子供は優しい笑顔に安心することでしょう。

食事後はバスタイム。
温めのお湯にゆっくりと入り、一日の疲れを取ります。

就寝は川の字になって寝たときの延長で、途中までの壁で仕切られた、
就寝スペースで子供らが寝ます。
学習は居間の脇のカウンターで。

最後にペットを飼うことを忘れずに。
人間より短い生涯で終えるペットは子供の生きることの尊さを
教えてくれることでしょう。
犬、うさぎ、鶏は勿論ですがキツツキはNGです。
壁の一部には穴を開け、穴の回りにはハゲカツラの絵を描きます。
そこから顔出すペット達。

今日も快調です。
スポンサーサイト



テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ