設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.382「トイレに入ったらちょっと思い出して欲しいこと。 その3」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.382「トイレに入ったらちょっと思い出して欲しいこと。 その3」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「トイレに入ったらちょっと思い出して欲しいこと。 その3」

外国に行くと言葉の違い以外に国によって大きく違うことがあることに
気が付きます。それはトイレの作法です。
外国の百選練磨のトイレと戦い、数々の修羅場を潜り抜け、日本に帰ってくると
「日本のトイレはいいなぁ~」とつくづく思います。
なのでトイレを使用する際はこの有難みが判っていただければと思い、
ここに紹介いたします。

台湾の信号機にはカウントダウン機能が付いています。
赤信号になったと同時に青信号になるまでの数字のカウントダウンが
始まるのです。
時限爆弾のように残り時間を秒単位で表すのではないので若干、
ゼロになるスピードが速いのです。
秒数のつもりで渡ると、あれよ、あれよと数字が少なくなり、間に合わなくなります。

地下鉄に乗る際にもこの国ならではの特徴があります。
日本の駅のホームの電光掲示板では次に来る電車の時間と行く先が表示されますが、
こちらでは次の電車が何分後に到着するかの残り時間が表示されるのです。
先の横断歩道の表示のように、、、

せっかちといえばせっかち、几帳面といえば日本以上かもしれませんね。

ここでようやく今日の本題です。
その地下鉄駅構内の公衆便所の入口には男女別に中の間取りが表示されています。
日本でも少しずつ普及しはじめているようですが、
台湾では用足しのブースに表示ランプが付いていて、使用中の場合には赤ランプが
表示されています。全部赤ランプの場合は中に入らず、他のトイレへ急行出来るようにとの計らいでしょうか。

ちょっとだけ気にして流してください。
スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。