設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.364 東日本大震災後の日本のありかた2
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.364 東日本大震災後の日本のありかた2

東日本大震災後の日本のありかた2
木造住宅の強度について 

被災にあわれた方にはお悔やみ申し上げます。
インターネットの情報サイトで
台地に建てられた住宅が地震で擁壁が崩れ、
家ごと斜面を滑り落ちていた画像を拝見しました。

印象的だったのは、その住宅が建物が殆ど無傷のまま
ジェットコースターのように滑り落ちていたことです。
二戸とも比較的新しい木造二階建て住宅でした。
片方のお宅は落ちていましたが、もう一方のお宅は
地面が半分近くえぐられたまま落ちずに踏ん張っていました。
べた基礎が露出してまるでかまぼこの板のような役目を
果たしておりました。

日本の住宅の耐震強度は一段落した感じを受けました。
震度7程度までは部分的に断裂しても倒壊して、
生命を奪うということはないと思います。



スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。