設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.360 ストレスな土地でも建物で出来るだけストレスフリーにする方法
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.360 ストレスな土地でも建物で出来るだけストレスフリーにする方法

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
パナソニックの便器は全自動洗濯機のように洗浄液が出て便器を洗って
くれる優れものですが、「この原理を利用すれば浴槽だって」と思って
いたら、今、お風呂がスゴイことになっています。
浴槽を自動的に洗ってくれるものや、洗い場に洗浄液が噴射され洗って
くれるものまで出てきてます。日本人はどこまでも突き進みます。
きっともう誰も追ってこないでしょう。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ストレスな土地でも建物で出来るだけストレスフリーにする方法
「田舎の土地」編

家族や個人が健やかに育つためには、
出来るだけ環境の良い場所に住みたいものです。
「環境の良い場所」は人の考え方によって様々です。
ある人は買物が便利な駅の近くが良い場所と考え、
また、ある人は郊外の広い土地で伸び伸び暮らせる場所が良いと考えます。

パーフェクトな土地はまずありません。
必ず一長一短あるものです。
念願叶って理想の場所が手に入ったとしても、「一短」はあり、
諸事情でやむ終えない場所を手に入れたとしても「一長」は欲しいもの。
良い土地でも欠点はあり、良くない土地でも良い点はあるものです。

建物の造り方の工夫で土地の持つ欠点を補い、
良い点を伸ばすことが出来たら、どんなにストレスフリーでしょうか。
数回に分けて紹介したいと思います。

今回は「田舎の土地」編です。
「田舎の土地」なんて失礼な書き方をしてしまい、恐縮しております。
でも、大事なことなので参考にされてください。

田園風景に囲まれて、余生を過ごしたい。
子供が伸び伸びと育つために田舎に引っ越したい。
創作活動をしたいので静かな場所に行きたい。

まあ、色々です。
先ずは使っていない民家を借りて、数年住んでみてはいかがでしょうか。
田舎にはまだまだ掟があります。
集いがあります。
調和を重んじます。
互いに助け合って、支えあって営まれてきた輪の中で暮らすには、
一緒に汗をかかなければならないのです。

田んぼに水が張られると一斉に始まるのがカエルの鳴き声。
私は田舎で育ちましたので心地よいものですが、
女性でNGだという人が案外多いのでご注意を。
水が多いということは蚊が多いので外に出たときは長袖を。
イノシシ、猿、鹿がお友達です。

でも庭では鶏が歩き、川のせせらぎがあり、
近所のおばちゃんが持ってきてくれる新鮮野菜があり、
田舎は素晴らしい。

大いなる田園住宅はこのように造りましょう。
玄関は引分け扉で大きく開き、土間を作ります。
おばちゃん達のモンペが馴染むような、アースカラーのタイルを
張り、かつでの式台の替わりに長いベンチを造ります。

土間から直接、台所に行けるようにして、土の付いた大根が
そのまま運べます。
天井は高く、窓には欄間、地窓を設けて、田んぼからの涼しい風を
吹き抜けさせます。
軒先は長く深く、夏を旨とした設計にします。
平屋にします。
太陽光発電にします。

仲良きことは美しきかな。
スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。