設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.354ストレスな土地でも建物で出来るだけストレスフリーにする方法 「線路の横」編
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.354ストレスな土地でも建物で出来るだけストレスフリーにする方法 「線路の横」編

家族や個人が健やかに育つためには、
出来るだけ環境の良い場所に住みたいものです。
「環境の良い場所」は人の考え方によって様々です。
ある人は買物が便利な駅の近くが良い場所と考え、
また、ある人は郊外の広い土地で伸び伸び暮らせる場所が良いと考えます。

パーフェクトな土地はまずありません。
必ず一長一短あるものです。
念願叶って理想の場所が手に入ったとしても、「一短」はあり、
諸事情でやむ終えない場所を手に入れたとしても「一長」は欲しいもの。
良い土地でも欠点はあり、良くない土地でも良い点はあるものです。

建物の造り方の工夫で土地の持つ欠点を補い、
良い点を伸ばすことが出来たら、どんなにストレスフリーでしょうか。
数回に分けて紹介したいと思います。

今回は「線路の横」編です。
鉄道マニアにはたまらない環境でしょう。
騒音も小気味良いリズムと聞こえるはずです。
でも、残念ながら鉄道マニアではなかったあなた、
あなたには苦痛でしかありません。

眉間のシワをすこしでも無くしましょう。
電車は振動が多いので土盛りして道路より高くすると良いかもしれません。
一説には郊外を走る電車は付近の田よりも土を高く積み、
台形上にすることで地震の振動を和らげる効果があるといいます。
それと同じ効果を狙います。

「カンカンカン」と踏み切りも激しくなります。
音を和らげましょう。

残念ながらガラスが二枚のペアガラスでも、
減音効果は殆どありません。
ガラスとガラスの空気層が薄すぎるからです。
ガラスとガラスの空気層を厚くしましょう。
通常のペアガラスの内側にもうワンペア、
アルミサッシや樹脂サッシを追加して、
二重窓にするのです。

劇的に音は減ります。
線路に面した部屋の窓は勿論、
裏面だけ残して、三方ぐらいは二重窓にしたいところです。
50万円以下で出来ると思いますが、予算が厳しいい場合は
後付が出来るので、先ずは線路に面した部屋だけ採用して、
住み始めてから必要な場所に増やすのも良いと思います。

電車の中の人と目線が重なってしまう場所には「河の横」編の
時と同じように、部屋の前にバルコニー+ルーバー格子で
遮りましょう。













↓よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。