設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.352「ストレスフリーな家」の条件   「まど」の取り方。
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.352「ストレスフリーな家」の条件   「まど」の取り方。

大きな窓ガラスを拭くのは億劫なものですね。
網戸を外さなくてはならないし、二階にあるものなら、
「一体、どうやって拭くの!」って
ストレスのボルテージもレットゾーンでしょう。

このメルマガで何度か紹介させて頂いているように、
ひとには「洞窟願望」があります。
前方にだけ目があり、視野が上下左右約110度で前だけしか見えない不安から、
左右と背後は壁であると落ち着くといいます。

ゴルゴ13のようですね。

これに習って居間の窓は南側だけ大きな窓にして拭きやすい1階に配します。
残りの三方は、一方が収納になるので残りの二方向に小さな横長の窓を天井付近の高い場所と床付近に配します。天井付近の窓は手が届かないので電動式にします。
床付近の窓は高さを最小限に抑えてなるべく泥棒が入って来れないようにします。
双方の窓の外には庇を設けて、五月雨程度では窓を開けても雨が入ってこないようにします。上下に設けることで効率よく風を呼び込んだり、プライバシーを守ることも出来ます。
天井近くの窓は光をたくさん導くといった利点もあるので、拭き掃除の面倒と相殺できるのではないでしょうか。

天窓は夏が大変暑く、雨漏れの原因にもなり易いので、光をたくさん導きたいときには
天井付近に窓を設ける「ハイサイドライト」で代用します。

拭き掃除が面倒ですがね、、、、

寝室も布団を干したいことも考えて外部にアクセスできるよう居間と同様な考えでよさそうです。


つづく。












↓よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。