設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.351「ストレスフリーな家」の条件   「音と臭い」を消す。
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.351「ストレスフリーな家」の条件   「音と臭い」を消す。

「ストレスフリーな家」の条件   「音と臭い」を消す。

内部で発生する音が外に漏れないようにすることは
近所からの苦情を無くすために必要なことです。
シアタールームのようにして、大きな音で楽しみたい居間の窓は二重窓にして、
壁と天井は下地の石膏ボードを二重張りにしたり、鉛入りのパネルを張ったりします。。
コンセントやスイッチボックスからも漏れやすいのでなるべく室内側に設け、
換気扇もチャンバーを付け、居間の入り口扉もエアタイトな仕上げを施せば大体いいと思います。

こちらからの音については解決しましたが、
隣の家からの音でストレスを感じてはいけません。
騒音となりやすい、お隣さんの居間や子供部屋、お風呂の音は要注意です。
音は対面する場所以外でも回り込んできます。
騒音が発生しそうな窓は小さめにしてかつ二重窓にしましょう。

部屋の臭いについては臭いを吸着してくれる珪藻土やエコカラットを壁に貼ることで、
かなりの効果が期待できます。トイレ内の同様です。

アメリカの四星ホテルでは客部屋にエコカラットを貼る事で長期滞在したセレブリティーの香水の臭いでもすぐに消すことが直ぐに出来たので空き部屋にすることがなくなったといいます。

外から進入してくる臭いですが、最近、台所の換気扇で喫煙して煙が隣家の窓にダイレクトに進入するといった事例も多く聞こえます。近所の方の習性をよく観察した上で見極めなくてはなりませんが、深入りしてトラブルするのもストレスなので、換気扇の前にこちらの台所の換気扇を配置し、より強力なモーターを使うなどすれば良いかも知れません。(笑)

日本の風は海岸線などを除き、大体が西から東に向って吹くのが一般的です。
なのでむかって西側のお宅の換気扇さえ注意すれば風に乗って届く臭いは解決することでしょう。


つづく。











↓よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。