設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.343
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.343

銀行からお金を借りる際に制限が出てしまう土地が
あることをご存知でしたか。

住宅ローンを使い、土地を購入して家を建てるのは
一般的なこととなっております。

具体的には全費用の2割程度を自己資金で、
残りを住宅ローンを組むのですが、
住宅ローンが希望の額よりかなり少ない金額しか
借りられないといいます。

それは敷地が建築基準法上の道路に接していないときです。

基本的には道路は幅4m以上なくてななりません。
現状で4m未満でも役所で調べOKが出れば、
建替え時に道路中心から2m後退したラインを
敷地境界すれば大丈夫な場合もあります。

敷地が道らしきものに接していない場合は家は建てられません。
ただし、広い空地などに接している場合、行政などの判断で
厳しい条件をクリアできた場合には建替えが可能となる場合もあります。

それを「43条ただし書き許可」といいます。
Webなどで検索すると詳細が出てきますので興味がある方は
ご覧になってください。

問題はこの先です。

数年掛かってやっとのことで
「43条ただし書き許可」を取得し、銀行に行き融資の相談をしに行くと、

今回はその許可が取得できたけど、
建替え時にもまた許可が取得できる見込みが未知数ということで
希望融資額の数割程度になってしまうのです。

全額自己資金で賄うのであれば良いのですが、
銀行ローンをあてにしている場合は慎重に検討されてください。











↓よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。