設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.335「土地が道路にくっついていないと家は建ちません」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.335「土地が道路にくっついていないと家は建ちません」

家を建てる時にはその土地が道路にくっついてなければなりません。
(ただし、地方では道路にくっついてなくても良い場合もあります。)
火災のとき消防車が到着して迅速に消火活動が出来る様にです。

この場合の道路は「建築基準法」という、家を建てる際に必要な法律で
認められた道路です。
詳しくは市役所などで聞けば判ります。

田んぼのあぜ道や乗用車が通れないような道は
かなりの確立で建築基準法上の道路ではありません。
詳しくは市役所などで聞けば判ります。

昭和40年代に建てられた家は「建築基準法」の道路の扱いが整理されて
いなかったのか、田んぼのあぜ道や乗用車が通れないような道を
図面上、道路扱いにして建ててしまった例をいくつも見受けられます。
近年では法律も整理され、これらの家の建替え時になって、
今度は道路として認められなくなり、再建築不可能となってしまって
いる場合が出てきました。
事例によって救済策があるようですが、
詳しくは市役所などで聞けば判ります。

お近くに建築士事務所で尋ねれば無料で(恐らく)教えてくれることでしょう。
(ただし、大雑把かも知れません。)

道を建築基準法上の道路として認めれもらうための申請が
あるのですが、道路に接してない土地を不動産屋さんが買い取って、
この申請許可を取得した状態で販売をしていることがあります。

この場合は予定する建物によって許可条件も変わってくるため、
同じ建物を建てないとなるともう一度許可を取らざる終えません。
近隣の承諾書など時間と労力が莫大にかかります。
道路の無い場合には十分注意してください。
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用