設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.329「エネファームがダメならエコウィルでどうですか」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.329「エネファームがダメならエコウィルでどうですか」

燃料電池は、都市ガスから「電気」と「熱(お湯)」を同時に作るシステムの
エネファーム。
エコで素晴らしいのですが、庶民にはまだ高額。

身の丈にあった予算でお財布にも優しくて、
少しはエコなシステムはないのでしょうか。
しかもガスを使って。

と、いった貴兄にお答えすべくガス会社が頑張っているのが
このエコウィルです。
エネファームの原理をもう少し簡単にして、
都市ガスを燃やしてタービンで発電して家庭の電気の一部を
賄いながら、発電で出たお湯も貯めて使うものです。

もう少し丁寧に解説しますと、
エコウィルはクリーンな都市ガスで発電し、
そのとき出る熱でお湯もつくり、
暖房もできる家庭用のガスコージェネレーションシステムです。
1kWの発電をするときに、同時に2.8kWの熱ができ、
それを有効利用することで、省エネを実現します。

ガスエンジンで発生した熱は、貯湯槽でお湯として貯えられ、
給湯、追い焚き、暖房に使われます。

身近にたくさん走っている自動車も、
エンジンを回転させることにより車を走らせる(動力)だけでなく、
発電機をまわして電気を作ったり、
冷暖房をしたりする点ではコージェネレーションなのです

ガスエンジンコージェネでは…
 ○自動車では大気に放出している排熱
 ○ラジエーター(冷却水)の熱
 ○排気ガス中の熱
からお湯をつくり出して給湯・暖房などに利用しています。
つまり、自動車よりも高効率なシステムといえます。


●貯湯時
発電時のエンジンの冷却熱と排気の熱でお湯をつくって貯湯タンクに貯めます。

●給湯時
発電時のエンジンの冷却熱と排気の熱でお湯をつくって貯湯タンクに貯めます。
貯湯タンクのお湯を給湯に使います。
貯湯タンクの中の湯温が下がったら補助熱源機が貯湯タンクから出るお湯を加熱します。

●暖房
発電時のエンジン排熱で暖房温水を加熱します。
暖房の熱が足りないときは、補助熱源機で暖房温水を加熱します。
エンジン排熱が余るときは、貯湯タンクに余剰熱を貯めます。

●ふろ追いだき
発電時のエンジン排熱と補助熱源機で、おふろの冷めたお湯をあたためます。

電気+床暖房+ミストサウナ+給湯

ガス瞬間湯沸かし器なので湯切れの心配がありません

エコウィルが発電する際に必要とするエネルギーは、
クリーンエネルギー天然ガス。
天然ガスは、産地において約-160℃まで冷却され、
体積1/600のLNG(液化天然ガス)となる工程の中で、
硫黄分などの不純物が一切排除されているためとってもクリーンです。
地球温暖化の原因と言われるCO2の排出量も少なく、
酸性雨の原因と言われるNOxやSOxもほとんど排出しません。

エコウィルなら、購入電力を年間40%も削減

エコウィルで発電することにより、
購入電力の約40%を自宅でまかなうことができるため、
電気代を大幅に節約することができます。
その上、発電の際に出る排熱も効率よく、
家中の給湯や暖房にも活用できるので大変おトクです。

エコウィルを導入すれば、光熱費が年間約30,000円もおトク。

たとえば床暖房をリビングダイニングに設置するとき、
従来のTESシステムを熱源として、
床暖房を設置した場合と比べて、発電を自宅で行えるため、
光熱費を年間約30,000円も節約することができます。
専用のおトクな料金、「発電エコぷらん」のご契約をお忘れなく。

(計算条件) 戸建住宅4人家族での想定
● 従来システム
使用機器:ガス給湯暖房機、ガス温水床暖房(居間)、
ガスコンロ、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコンを使用

● エコウィル
使用機器:ガス発電・給湯暖房機、ガス温水床暖房(居間)、
ガスコンロ、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコンを使用

計算は条件により異なります。

エコウィルは平成21年度補助金対象商品です
エコウィルは優れた省エネ性が認められ、
「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」
の一環として、エコウィルの購入者に対して国から補助制度があります。

出典:東京ガスHPより

発電するので音はどうなのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。