設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.327「中国製について」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.327「中国製について」

過去に中国製の乗り物を数台購入した経験がありましたが、
鉄の部分があっと言う間に錆びてしまいました。
最初は酸性雨の影響か塩害かと思っておりましたが、
違った製品、違う機能を確かめることで確信に変わりました。

プラスチック製で出来た容器は紫外線に弱いので表面の光沢が
失いだし、粉を吹くようになります。
数年は持つものですが、中国製のそれを購入すると、
直ぐにおせんべいかのようにパリパリと割れてしまいます。

ステンレス製の鍋を買ったら磁石がくっついたり、
まさかと思ったアルミもくっついたり。

日本の会社が中国で製造しているものは比較的良質なのですが、
まれにNGなものもありました。

数え切れない会社が知識が乏しいまま製品を作り、
一応の出来上がりを見せるのですが、
中身の成分粗悪なため、
今は相当、注意が必要だとおもいます。

乱立する製造業もやがては淘汰されて、
良質なものへと変化して行くだろうと思いますが、
仕事で使用する、建物の製品は成るべく国産のものを使うように
心がけようと改めて思いました。

だだ、一般に出回っている殆んどの木材は今や中国産です。
時遅しといった感じでしょうか。
国産は数倍の金額になってしまって、困ったものです。
ヨーロッパ産の木材を中国で加工したものを使うことで
凌ごうとおもいました。
但し、糊を使わない無垢の木だけ、、、、

エコも大事ですが、それ以上の意味で国産のものを。
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用