設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.323「設計料のお支払いタイミング」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.323「設計料のお支払いタイミング」

住宅設計を進める上でクライアントの方と設計契約を結びます。
「設計をするには契約があるのだな」といった認識は一般に広まって
参りましたが、実際に払うタイミングはいつ頃なのであろうか、
といった質問を受けます。
ここで一般的な支払いタイミングをご紹介いたします。

設計契約時
基本設計完了時
実施設計完了時(または建築確認申請認可時)
上棟時
完成引渡時

概ね5回程度に分けて、支払います。
設計契約時は業務に取り掛かる前の支払いになりますが、
残りの支払いはその業務が終了した時点での支払いになるので
クライアントとしても過払いが防止されます。

基本設計は間取りの確定と建物の大体のプロポーションの確定までの作業になり、
実施設計は間取り図を拡大して部屋ごとを細部に渡って決定します。
実施設計の後半には建築確認申請をすることになる場合が多いのと
確認申請がとれないと家を建てることが出来ないのでこれがとれた時点での
支払いが妥当だろうという考えに基づいております。

上棟時というのは建築工事が始まって、工事期間の前半に骨組みが全て組みあがり、
屋根をつくって雨を凌ぎながら作業が出来るところまでのことを言います。
そして完成引渡時。

10% 設計契約時
20% 基本設計完了時
40% 実施設計完了時(または建築確認申請認可時)
15% 上棟時
15% 完成引渡時
(設計事務所によってこの割合やタイミングは変化します)

上記は設計料のお支払いの割合です。
作業量に応じて割合を決めております。
実施設計完了時(または建築確認申請認可時)が一番多いのがわかります。

仮に設計料が200万円だとすると、
20万円 設計契約時
40万円 基本設計完了時
80万円 実施設計完了時(または建築確認申請認可時)
30万円 上棟時
30万円 完成引渡時
のような割合になります。

支払い時期は
仮に1年後に家の完成とした場合には
0ヶ月 設計契約時 
契約日から3ヵ月後 基本設計完了時
契約日から7ヵ月後 実施設計完了時(または建築確認申請認可時)
契約日から9ヶ月後 上棟時
契約日から12ヵ月後 完成引渡時
のような割合になります。

参考になりましたでしょうか。
間口を広くしてお待ち致しております。(笑)

スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。