設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.306「設計者プランニングの勘どころ 地窓、欄間窓!の巻」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.306「設計者プランニングの勘どころ 地窓、欄間窓!の巻」

今回の特集でも魅力的な空間作りをするためには、
「このポイントを押さえておけばもっと効果的になる」という、
設計者の勘どころをご紹介したいと思います。

部屋の窓を開けたらお隣さんと
「コンニチハ!」
なんてことありませんか。
窓の位置が一緒になっている場所が、、

これから家を建てるのでしたら既に建っているお隣さんの窓の
位置を知った上で計画できるので目線を避けることが出来ます。

ただ計画上、どうしてもお隣さんの窓と一緒にならざる終えないときは
窓の高さを変えてみるのもポイントです。
筆者の場合、実際に建築がはじまって窓が取り付いた段階で
お隣さんの窓を避けて取り付けたにも関わらず、斜めあたりから
視線を感じてしまうときには、大工さんに懇願して窓を上にずらして
もらいます。
部屋の中からの施錠は多少、面倒かもしれませんがその分、空に近づくので
気持ちの良い窓にもなります。

別の観点から窓を考えます。
一般的な窓の高さは部屋の床から2m位を窓の上端としてそこから
下を窓にします。
人間の目線が大体1.5mなので外がみ易くなるわけです。
和室は畳が敷いてあるので座の生活となります。
そうすると先の1.5mではちょっと高い位置に窓があるので
少々、圧迫感があるかも知れません。
この場合はセオリーを崩して床を窓下と考えて窓を下げてしまうのです。
本来、腰窓だった窓を床まで下げてしまうイメージです。
こうすることで座ったときに庭先を眺めることが出来て、
夏の直射日光で畳が焼けてしまうのも予防できることが出来ます。
こういった窓を地窓とも呼びます。

昔の民家に多いのですが掃き出し窓の上に更に小さな窓を付けている
お宅があります。
欄間窓というのですが、
外出中や就寝中、掃き出し窓を施錠し、欄間窓を開けておくことで
換気が出来るのです。
泥棒さんも直ぐには入ることは出来ないでしょう。
これはお勧めです。

地窓と欄間窓を一緒につけると換気が良くなります。
ご存知のように冷気は下から、暖気は上から抜けて行きます。
泥棒さんが入れない程度の高さの地窓と欄間窓を併用することで
留守中や就寝中の換気が出来るので便利です。
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用