設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.291「湯山紀行」国内編 その10 (伊勢神宮)
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.291「湯山紀行」国内編 その10 (伊勢神宮)

「ユヤマノリユキ」ではありません。
「ユヤマキコウ」と読んでください。(笑)
旅先で見たモノについておもったことを綴りたいと思います。

イスラム教の「アッラー」、
キリスト教の「イエスキリスト」、
仏教の「お釈迦様」、
に対抗すべく誕生したのが日本の代表、「神様」。

世界の最初に高天原で、別天津神・神世七代という神々が
生まれ、最後に生まれてきたイザナキ・イザナミにより誕生したのが
日の神、アマテラスであったとされます。
伊勢神宮の内宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭り、
外宮は豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祭られて他の神社とは
別格とされています。

それが証拠に、まだ暗い午前4時の開門でも既にスーツ姿の人々が揃って
お参りをしていたりするほどの格式でした。

神道は少々難しいので作法云々は割愛したいところですが
荘厳さが漂う、砂利が敷き詰められた宮内を歩けば気が引き締まり、
神道者で無くてもこころが洗われるものです。

既にご存知かと思いますが内宮の本殿は
20年ごとに全く同じ形で建て直されるので常に2つの敷地が用意されています。
今回が右側の敷地を使用しているので次回は左側の敷地に建てるのです。

20年ごとと区切るのは耐用年数もさることながら
宮大工を初めとする職方の建築技術の伝承、伝統工芸の伝承などの意味が
あるのです。
解体された古い建築材は縁起物ということもあり神宮内の他の社殿や施設に使用したり、
日本各地の神社に譲り渡されたりして再利用されるのです。

専用の林「神宮林」は
神路山、島路山、高倉山を主体とし面積は5,410 ha。約2,500 haのと天然林と、
将来の神宮式年遷宮で使用される予定のヒノキの植林を行なっている人工林に2分されています。

一級建築士の試験問題にも出るようにこの伊勢神宮の内宮のみが
唯一神明造と呼ばれて、奥行きより幅が大きく、高床式倉庫から発展し穀物の代わりに
神宝を納めるように変化したと考えられているように
柱には基礎がない掘っ立て柱のシンプルな構造です。

仕事柄、研究しようと画像データが欲しいところなのだが
本殿は撮影禁止なのでよくワカリマセン。

スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用