設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.290「湯山紀行」国内編 その9 (カプセルホテル)
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.290「湯山紀行」国内編 その9 (カプセルホテル)

「ユヤマノリユキ」ではありません。
「ユヤマキコウ」と読んでください。(笑)
旅先で見たモノについておもったことを綴りたいと思います。


さて、問題です。
1979年、大阪の見達和夫氏によって、
安くて気持ち良く眠れる「サラリーマンが癒やされる秘密基地」
として実際に開業したカプセルホテルを考案したのは
次のうち誰でしょうか。


1.発明家のドクター中松氏
2.建築家の故黒川紀章氏
3.探検家の故植村直己氏



答えは2番、黒川紀章氏です。
黒川氏の作品である中銀カプセルタワービルは1972年なので
そのときからずっと温めていたのでしょうか。
畳一枚ほどのスペースはまるで押入の上の段と下の段。
押入れの中で寝てみたいと思った男性は多いのではないでしょうか。

私の友人など試験前に遊びに行けば部屋はもぬけの殻。
ふと押入れに目を移せば襖の隙間からは明かりが漏れていました。
開けるとそこには押入の下の段に折り畳みのミニ座卓を持ち込んで
Y氏が勉強に勤しんでおりました。

考案したのは黒川紀章氏ですが
現在のカプセル型はアメリカのNASAが宇宙旅行の為に考え出した
ノウハウを取り込んだと言われております。
よくみるとコーナーが曲面でお手入れが楽に出来ること。
頭をぶつけても被害が小さく済みそうな丸い出隅など
旅客機のトイレにもなんとなく通じるものもありますね。

仕事柄、急な宿泊でビジネスホテルが満室の場合、利用すること
があるのですが内部のつくりにいつも関心します。
横になり、手の届く位置に配されている、スイッチ類は
調光機能付照明、ラジオ、TVの選曲、エアコン調整、目覚ましタイマーと
至れりつくせりです。

入口はロールスクリーン一枚でしか仕切らていないので
隣室のイビキは防ぎようがありませんが、テレビの音はどういうことか
余り漏れてきません。
恐らくヘッドホンのように耳の周囲にスピーカーがあることで不快感を
押さえているのでしょうか。

カプセル状の簡易ベッドという位置づけということで
旅館業法ではホテル営業ではなく簡易宿泊所扱いになります。
簡易宿所というカテゴリーなので消防法や旅館業法の規制も
ホテルや旅館に比べて、一人当たりの宿泊スペースや
トイレや洗面などの水まわりの数の規制も随分緩いのが特長です。
最近では欧米の観光客が話のネタに宿泊するケースもあり、
たまに足がカプセルからはみ出ているアメリカンもいて
ロングタイプのカプセルの東京が望まれるところである。(笑)

スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用