設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.271「温泉とユニットバス」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.271「温泉とユニットバス」

温泉付マンションや温泉複合施設など花盛りの今日ですが
ボーリングによる掘削技術が飛躍的に進歩したのか
やや乱開発気味。
近くの井戸が枯れたり、地盤沈下が出てきたりして
そろそろ規制されそう。

別荘地帯では温泉権付き分譲地という物件があります。
一団の分譲地開発時に温泉掘削をしてそれを各戸に供給して
楽しむものですが利用するためには土地価格の他に温泉権という
権利を買わなければなりません。
場所によりけりですが300万円前後が相場といったところでしょうか。
住み出してからは温泉を使わなくても温泉使用料が月々にかかります。
「源泉かけ流し」と優雅に流し放題にしたいところですが
温泉使用料も一定ではなく、携帯電話のように基本使用量を超えると
超えた分はカウントされる仕組みとなっています。
管理の行き届いた分譲地ですと5~10年毎に温泉供給契約更新料なども
あります。
別荘地は管理体制が充実しているのでその分の管理費や水道使用料などが
どうしても割高になるのでこれらの負担を全て鑑みた上で購入を
しなければなりません。
極楽生活にもお金がかかりそうです。

さて、肝心な温泉ですが海沿いの温泉は弱食塩泉といった塩を含んだ
ものが多いので神経痛にはよく効きます。
その反面、金属を直ぐに錆びさせます。
アルミでも見事に朽ち果ててボロボロになります。
よって風呂釜を設置してしまうと釜があっという間に錆びて使えなくなります。
温泉は追い焚きしてはNGだし、釜をつけてはいけないのです。
温泉の他にお湯のお風呂に浸かりたいときには
水栓からお湯が出るようにしましょう。
温泉の水栓とは分けてください。

温泉の成分は人間の体には良く効きますが浴槽にとっては
変色したり、変形したり、割れたりする可能性があります。
温泉の為の浴槽はタイルや石、古代桧など造り付けが基本のようで、
ユニットバスなどに温泉の水栓をつけて使うことをメーカーに
確認するとNGが出てしまいます。
品確法やPL法の抵触を恐れてのコメントのようです。

単純泉であれば良い気もしますが。。

温泉旅館などの建設の際にも温泉を掘削するわけですが
水脈のように温泉にも脈があるそうです。
その脈に沿って掘り当てた場合、その脈の上流で使っている
温泉の湯量が減ったり、枯れたりした場合は保証をしなければ
ならないそうです。

温泉にも既得権があるのですね。
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用