設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.270「古き良き大工さんの話 2」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.270「古き良き大工さんの話 2」

上棟が終わると暫く現場は静か。
何故ならひとつ前の現場を仕上げなければならないからです。
大工さんは現場を微妙に重なりながら進めます。
間が空くと手も訛るし、収入も減るからです。

1週間位空けてから再び現場に入ります。
大工さんは通常1人で進めます。
大きな現場や2階建てになると2人で進めることもありますが
人によって仕事のペースや材料の組み方、納め方が多少違うので
精度が狂うこともあり1人のようです。

古き良き大工さんは守備範囲が広く
現在では別職人が行なう外壁や窓枠、ドア枠なども作製します。
器用な方では建具や家具も造ってしまうので驚きです。

釘やビスも使わないで一度組んだら二度と外れない框や
ノミを使って美しく仕上げた欄間なども造ってしまうので
尊敬の念を込めて「大工さん」と呼べる棟梁が多かったような気がします。

前半の現場には電気屋さん、左官屋さん、水道屋さんなどが入り
後半になると建具屋さん、畳屋さん、経師屋さんが入ってきます。
今で言う現場監督を兼ねる大工さんがそれらの職人の手配と段取りを
仕事をしながら進めてゆきます。

ところで
大工さんの活動形態は大きく分かれて2つ。
○ ○工務店に所属し月給制の社員として働く形態と
○ ○大工として自分の腕を頼りに建築会社の協力店として大工工事部門を請負う
「手間請け大工」という形態があります。

○ ○工務店は元々大工さんだった方が弟子を抱えたり、
商才が長けている場合に自分が経営者になって新築工事を請け負い
社員の大工さんに担当してもらう形態が殆どです。
社員の大工さんはゆっくり造っても早く造っても月給制なので変わりありません。

「手間請け大工」さんは建設会社から坪あたりの工賃で請け負うため、適正工期で仕上げ
無いと赤字になります。
公務員と歩合制民間会社の違いといったところでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用