設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.250「バウビオロギーって知ってますか」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.250「バウビオロギーって知ってますか」

「bau (バウ)」は建築・構成、「bio(ビオ)」は生物、
「~logie(ロギー)=~学」の語源「logos(ロゴス)」はラテン語で
言語・精神を意味します。
生命体としての人間の身体と心の健康を中心に考えながら、
自然に適合する建築を目指すという考え方といいます。

簡単に言うと「エコロジー建築」+「建築生物学」のことで
ドイツやスイスなどで活動が活発に行われています。

予防医学的な建物づくりや、原材料の採取から組立て再生、
各工程に必用な輸送エネルギーまでバウビオロギー指数として計算し、
自然環境と共存する人間が健康で快適に暮らせる循環型システムの建物づくりをいいます。
「エコロジー建築」とそう変わりないように思えますが

例えば、
循環再生型の住まいには木が最適

オーストリアでは1㎥/秒に木が増えている

木は燃える、腐るというが厚みがあれば酸素が触れにくく
なり、表面が炭化するだけになる、養分と油分が無ければ
カビは生えない

木は熱伝導率が低いので壁を厚くすれば断熱効果も大である。

エネルギーの為にお金を使わないゼロエネルギー住宅が実現出来る。
とのこと。

「エコロジー建築」は家そのものをひとと環境に優しい作りにしたものと考えると
それを更に発展させて材料そのものを生産工程からいかに環境に負担をかけずに
すれば良いかを考えたのが「バウビオロギー」です。

最近では「LOHAS」のように言葉が独り歩きしだしている感があるので
解釈が分かれることもありますが。

次回は具体例を、、
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用