設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.239「エスカレータネタをもうひとつ」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.239「エスカレータネタをもうひとつ」

1859年発案者シーバーガが「エレベータ」とラテン語の「スカーラ」
からとって名づけた。
アメリカのOTIS社が「エスカレータ」という登録商標を取ったが
後に放棄した。
日本の最初のエスカレータは1914年、日本橋三越に設置された。

地下鉄などあれだけの人がエスカレータを利用しているのに
(しかも最近では階段のように歩いている)
転倒をしている人をあまり見かけないのは何故だろう。
段数の制限を調べてみた。
すると蹴上が210mm踏面が400mmが結構多かった。
住宅の標準的な寸法は蹴上が230mm踏面が250mm程度なので靴を履いて大きくなった
としても比較的安全なのだろう。
傾斜角はおよそ30度だそうだ。

因みに一般の階段、特に住宅の階段は下から2.3段目が事故になる確率が
高いといいます。
上から下りて来て「もうすぐ終わりだ」と思って気を許してしまうのが
原因だそうです。

エスカレータのスピードと手摺のスピードが同じなのが
普通なのだが
以前、手摺のスピードのが速いエスカレータに遭遇した。
皆、体が前傾姿勢。。

スポンサーサイト