設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.222「石」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.222「石」

外国に行くと土産物屋さんにはあまり興味が無く、現地の石や砂を採取
して来ては眺めております。
(少しだけですよ。)
石についてはピラミッドのように建築資材として実用的に使われたり
インドのタジマーハルのように外壁の装飾に使われたりオールマイティーな
自然物です。

建物を眺めると各所に石が使われていますが皆さんの目にする石は
一体なんという石なのでしょうか。
簡単にご紹介いたします。

石には大きく分けて、【火成岩】【堆積岩】【変成岩】の3種類があります。
【火成岩】はマグマが固まりできたものなので硬くて丈夫です。
【堆積岩】は小石・砂・泥や生物などがたまって固まったものなので火成岩より
は柔らかいです。
【変成岩】はもともとあった石が熱や圧力を受けて別の石に変わったものです。

「火成岩」には
花崗岩(御影石のことです)、斑れい岩、安山岩(小松石、鉄平石など)
「堆積岩」には
石灰岩(大理石のことです)、砂岩、凝灰岩(大谷石など)
「変成岩」には
片麻岩、片岩、晶質石灰岩

などが含まれます。
それでは建築資材に使われている主な石についての特徴です。

「御影石」
火成岩で出来た御影石は硬いのが特徴です。
それゆえに風化しにくく耐用年数も長く磨くと非常に良い艶がでます。
艶も本磨き・水磨きと細かい調整が出来てバーナー仕上げ・小叩き・
ビシャン仕上げと叩いて仕上げても大丈夫です。
和風の玄関や和風の浴室の床などに使われております。
しかし、もっとも判り易いのは墓石ですね。
因みに御影石の名の由来は兵庫県神戸市の御影町にて産出する石材からつきました。

「大理石」
堆積岩で出来た大理石は光を通すものもあり非常に美しい石です。
美しいゆえの儚さも持ち合わせていますので使う場所に
気をつけたいものです。
柔らかい石質のため傷がつきやすく、石灰が主成分なので酸に弱いです。
基本的に屋内の水のかからない所が適してます。
屋外で酸性を帯びた雨にさらされると、半年から一年で表面のつやを失ってしまうからです。
因みに大理石の名の由来は中国雲南省大理府で産出する石材からつきました。

「鉄平石や小松石」
火成岩で出来た鉄平石や小松石は強い為に装飾はもとより建築資材として使われたりしました。
小松石は神奈川県の真鶴町周辺からとれる石で主に石積みに使われています。
石材切り出し現場は山ごと削るので採り終わると山が消滅しているなどスゴイことになっています。
広大な敷地跡を利用して実写版アニメの製作なども行われているらしいです。
因みにこの小松石は江戸城の石垣に使われております。
大工さんは小田原城を作った小田原の大工さんが多く携わったそうです。
小田原には「大工町通り」が今だ残っております。

「砂石」
砂岩は種々の岩石が、粗粒となり水中に堆積し、膠結したもので、安山岩と凝灰岩の中間の強度を持ち、耐火性が高く酸にも強い。
ただ外装に使用すると表面がざらついているので汚れや苔が付きやすく
洗浄がしずらい面もある。

皆さんが目にしている石は上記の仲間が殆ど含まれております。
スポンサーサイト