設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.220「二世帯住宅契約の知恵」4
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.220「二世帯住宅契約の知恵」4

二世帯住宅といっても価値観の違う家族同士が住むので
なるべくトラブルは避けたいものです。
決め事などは最初からハッキリとしておかないと関係が悪くなったときに
修復が難しくなることがあります。
決められるものは最初のうちから決めておくのが寛容と思われます。

今回は水道です。
水道メーターは各々2つもらうことが出来ます。
当然、メーターの引き込み代金も2倍になります。
イニシャルコストはかかるのですが
前回の電気同様ランニングコストが安くなるからくりがあります。

水道料金は2か月に1度の請求になるのが一般的なようです。
公共下水が埋設されている神奈川県小田原市では下水料金も水道を使った分だけ
同時に請求される従量制になっています。
更に水道料金は電気料金のように多く使う分割り増しになるのです。

以下が表です。
◆水道料金速算表(2ヶ月)(神奈川県小田原市の場合)
家庭用 使用水量
20立方㍍まで   (基本料金)  1,220円
21 ~  30立方㍍ 80×使用水量-380
31 ~  40立方㍍ 100×  〃 -980
41 ~  60立方㍍ 140×   〃 -2,580
61 ~ 100立方㍍ 180×   〃 -4,980
101立方㍍以上 190×     〃 -5,980

◆下水道使用料速算表(2ヶ月)
途別 料金計算方法
一般汚水 使用水量 20立方㍍まで (基本料金) 1,480円
21~  40立方㍍ 97×使用水量-  460
41~    60立方㍍ 119×  〃   - 1,340
61~   100立方㍍ 144×  〃  - 2,840
101~   200立方㍍ 170×  〃  - 5,440
201~  1,000立方㍍ 177×  〃  - 6,840
1,001~ 2,000立方㍍ 187×  〃  - 16,840
2,001~10,000立方㍍ 191×  〃  - 24,840
10,001 立方㍍以上 194×  〃  - 54,840


例えば一世帯で65立方㍍を使うとして
一つのメーターを二世帯で使う場合の料金は
水道料金 (190円×130立方㍍-5,980円)×1.05(消費税)=19,656円
下水道使用料(170円×130立方㍍-5,440円)×1.05(消費税)= 17,493円
合計 37149円

一方、一世帯で65立方㍍を使うとして
二つのメーターを各々の世帯で使う場合の料金は
水道料金 (180円×65立方㍍-4,980円)×2×1.05(消費税)=14,112円
下水道使用料(144円×65立方㍍-2,840円)×2×1.05(消費税)= 13,692円
合計 27,804円

9,345円/月の差額になり
112,140円/年にもなります。

いかがでしょうか。
スポンサーサイト