設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 「ダイニングテーブル」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

「ダイニングテーブル」

テーブルの高さは65~76cmまでといろいろあります。使う方の身長や好みにもよりますが、
作業性を重視するなら高め、ゆったりとくつろぎたいのであれば低めがいいでしょう。
また座面とテーブル面の間隔は、25~30cmが一般的です。
家具屋さんで実際に試すときには靴を脱いでみてください。

ダイニングテーブルの簡単なサイズの選び方です。
両手をテーブルの上にそっと置いてみる
そのときの両手の巾が大体600mm
同様にもうひとりの人に座ってもらい
同じく隣に両手をテーブルにそっと置いてもらう。
自分の小指と相手の小指の間が200mmとれると
ゆったりと食事が出来るサイズ
100mmなら普通に食事が楽しめるサイズです。
双方の反対の小指とテーブルの端までの距離も
同じだけ空けるのが要です。
テーブル巾が1500ミリなら(100+600+100+600+100)となり
普段使いのテーブル巾です。

ダイニングテーブルというと食事をするだけということになってしまいますが
家具の中でも平面的に一番大きいスペースを占有しているので
これを有効利用しない手はありません。
家族4人であれば先の文のようにテーブル長さは1500mmもあれば十分です。
これをダイニングテーブルの滞留時間を延ばすために1800~2000mmぐらいまで
伸ばしてみましょう。
6人掛けの大きさになりますがノートパソコンが置けるようになります。
お母さんの網掛けの裁縫道具が置けます。
ボクの宿題が置けてお兄ちゃんが知らずのうちに良きアドバイザーに変身しています。
おとうさんはお茶を飲みながら気にせず新聞を広げられます。

テーブルに長居できるためには座面を低くすると楽になります。
650~700mmの間がお奨めです。

長さが長くなった分、奥行きを詰めてバランスをとっても有効です。
700mmぐらいでも大丈夫です。

どうぞお試しあれ。


スポンサーサイト