設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.205「自分で設計しよう!!」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.205「自分で設計しよう!!」

こんなことを書いてしまうと私の仕事は無くなります(笑)
しかし、自分がもし設計の仕事に携わっていなければやはり知恵を
絞って自分で設計もどきをして楽しんでいたことでしょう。
PCの発達でソフトも充実してきました。
少しご紹介いたします。

(1)パソコンで家づくり「3Dマイホームデザイナー」
http://www.megasoft.co.jp/3d/
マイホームの間取りをデザインできる住宅シミュレーションソフト。
今バージョンでは、 家族構成、 広さ、 玄関の向きなどを入力すると間取りプランを提案してくれたり
、 家具、 設備機器、 エクステリアなどを間取り図上で検討することができ、
梁や階段の蹴り上げ・踏込みの数値設定も間取り図で設定できるので、
立体化の表現力が向上し、 かつ操作がより簡単に行えるようになった。また、
業務用であるPROシリーズとデータ完全互換をサポートしているため、
施主とビルダーとの打合せがスムーズに行える。
最新の住宅設備アイテムを備えた素材データを4000点以上標準装備し、
インターネット上での住宅素材提供サービス「データセンター」に収録している20000点以上の
データを6ヶ月間無料で利用できる権利も付いている。
標準価格\9800

(2)こちらはプレステでゲーム感覚「マイホームをつくろう」
http://www.vis.co.jp/myhome/
こちらも3Dが充実で素晴らしいグラフィック。
\5800

(3)激安ソフトのソースネクストより出した「ズバリ マイホーム」
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=SHPR&id=4510189502401
簡単かつスピーディーな平面・3D住宅デザインソフト。
部屋のサイズや形状の変更、 地上・地下の設計も可能。
作成した家の中を自由に歩きまわれるウォークスルー機能や、
作成した家の外観をいろいろな角度から確認できる鳥瞰図機能のほかにも、
レンダリング機能、 電子カタログ機能、 絞込み検索機能などを搭載。カラーコーディネイト、
デジカメやスキャナで取り込んだ画像の活用・立体化、 BMP/JPEG/TIFFへの出力も可能。
ズバリ激安の\1980

(4)エー・アイ・ソフト 「3Dあっ!とホームプランナー Ver3バリューパック」
http://www.aisoft.co.jp/japanese/products/3dhome3/3dhval.asp
対話形式の画面に従ったマウス操作で立体イメージの作成ができる、
家庭向けマイホームデザインソフト。間取り設計では、
生活スタイルや居住人数を選択することで、目的に合った部屋のリストを作成することが
可能で、 完成した住宅の室内では、 室内をリアルタイムで自由に歩き回ることができ
るウォークスルー機能を装備。
またインテリアデザインに3Dパーツを2100種類以上、 テクスチャーを2400種類以上、
さまざまなメーカーの製品パーツを800点収録。
コンセプト別に建築家の吉田桂二氏が推薦する間取りをベースとしたサンプルを120
種類収録しているので、 モデルハウスをベースに理想のマイホーム設計が行える。
今バージョンから搭載の「3Dスーパーファイン画質モード」で、 太陽の光や照明に
よってできる影や反射をシミュレーションできるようになった。
さらに、 住宅設計・住宅資金・インテリアなどテーマ別に分類された「インターネット
住宅お役立ちリンク集」を同梱し、 価格改定したバリューパック版。
\4800

(5)インフィニシス 「一軒楽着 Lite 」
専門的な知識や難しい操作を必要とせず、 短時間で間取り図が作成できるソフト。
畳や引き戸など数々の部品をライブラリから選んで、
部品を画面上の図面の中に配置していくだけで間取り図を作成することができ、
またオリジナルの部品を作成して登録することも可能。
描いた線を自動的に中抜き処理して窓として表現できる中空線ツールを搭載しているほか、
壁線を描くことや、 寸法・面積・角度の自動計算が行える。さらに、
地図の作成に使用できる地図記号・道路部品なども収録。
\4900

(6)ロジック 「イエスマイハウス」
簡易見積・風水診断機能が搭載された家作りソフト。間取り図の作成は、 部屋リストから和室や洋室、 キッチンなどを選び配置するだけで作成できるほか、 作成した間取り図からボタン1つで3D立体モデルを作成できたり、 屋根をはじめ自動生成で切妻・寄棟なども作成可能。また、 外壁の種類や内装レイアウトを変えるなど、 マイホームを自由にシミュレーションできる。間取り図や3Dパースは、 BMP・JPEG形式に対応。さらに、 気に入ったプランができたら、 インターネットで間取りを送信するだけで、 標準価格で計算された見積書がEメールで返信されたり、 風水師「張真紀」の風水診断が受けられるオンラインサービスを提供。
\12800

スポンサーサイト