設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.197「中古住宅診断」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.197「中古住宅診断」

「中古住宅を購入したのだが築年数も古く崖地で水はけも悪いので
購入前に検査を受けようと思っている」とリフォームの相談を
受けた際にお客様から伺いました。

お客様が見つけてこられたのが
NTT-BTIの非破壊住宅診断「家値診断」です。
http://www.kachisindan.com/

すでに建築済の家の中身を調べるのは大変な事なことです。
屋根や壁をいくら綺麗にしても、壁の中や床下など見えない部分には時の経過とともに
起こる劣化、建築当時の手抜きなどがたくさん隠れているものです。

非破壊技術を使いより詳細にお客様の住宅を調査し、第三者機関として公正な診断を行い安心と信頼をご提供するNTT-BTIの非破壊住宅診断それが「家値診断」
とのことです。

早速、私も検査に立会いました。

検査員が3.4名で手際よく
レーザーレベルを使い、柱や床の傾斜を測定し、
壁の中や基礎コンクリートの内部など、いままでは壊さなければ見えなかった
部分を、X線撮影をしてゆきました。

数日のうちにハウスカルテをいわれる診断書が作製されて

平面図、検査写真、検査方法、耐震計算、耐震診断など一般の人でも分かりやす
く表現がされておりました。
ここまで行い10万円前後でした。

築年数が20年以上ともなれば現在の耐震基準には適合しないので
倒壊の危険性大とのことでした。(殆どの物件がこれになります)
検査には保証は付かないとのことですが
設計者にとっても良い指針ではないかと思い、ここで紹介させて
いただきました。

スポンサーサイト