設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.196「送電線」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.196「送電線」

電柱の次は送電線。
一機に大物を狙ってみました。

鉄塔に振ってある番号を追いかけて歩き続けるマニアの方がいます。
ロマンチックですね。
http://www20.cds.ne.jp/~furuta/webring/

日常を離れてたまにはいかがでしょうか?

鉄塔には電気が流れております。
その電気のパワーは数十万ボルト!!
君の瞳どころではありません。

そんなハイパワーな電気はとても危険なので
近くに人が住む為には規制を設けて守ります。

たとえば送電線の下
万が一電線が切れたらその下の家はビリビリしてしまいます。
電力会社で安全だろうと定めた規定は以下の通りです。

一番ローパワーの送電線の電圧は66000ボルト(君の瞳の6.6人分)
その線の下は最低3.6m空けて屋根としなければなりません。
大事なのは風の強い日。
送電線は左右に揺れます。
最大に揺れたときの位置から横方向も3.6m空けなければなりません。

154000ボルト(君の瞳の15.4人分)では4.6m
275000ボルト(君の瞳の27.5人分)では6.6m
500000ボルト(君の瞳の50人前)では10.5mとなります。

もっとも170000ボルト以上の場合では住宅は建築出来ないそうです。

この範囲の地主さんとは既に地役権契約を結んでいて利用料も支払われている
そうです。
電柱と異なって移設の請求は出来ないそうですが。。。

この送電線付近に家を建てる際には建築確認申請の前に管理する電力会社
で確認書の発行を受けなければなりません。
スポンサーサイト