設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.193「電柱 (1本目)」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.193「電柱 (1本目)」

家を建替えることになり計画を進めて
設計図も出来、引越しも済ませ、解体も終わり、基礎工事を始めたところ
「あれっ!こんなところに電柱があった!」と慌ててしまった工務店さんの
話をたまに聞きます。

他の建設会社では
設計図も出来、引越しも済ませ、解体も終わり、基礎工事も無事に済み、
骨組みを屋根まで組む上棟日を迎えたところ
「あれっ!電線が屋根にあたってしまうぞ!」と
慌ててしまったという話も聞きました。

他のハウスメーカーでも
設計図も出来、引越しも済ませ、解体も終わり、基礎工事も上棟も終わり
建物完成して引渡し日の前日、車庫の入口を見て
「あれっ!電柱を支える為のワイヤーが車庫を塞いでしまっているぞ!」と
立ちくらみをしてしまったという噂も聞きました。

日頃忘れてしまいそうなこの電柱1本でも家を建てるとなると思わぬ支障をきた
すことがあります。
狭小地においては計画段階から綿密に打合せをしておきたいものです。

「電柱を移動したい」「無くしたい」と思ったときにはどうするかを紹介いたしす。

まず、電柱がご自身の敷地内にあるか敷地横道路(歩道)内にあるかで対応が
変わります。
首都圏であれば管轄の東京電力(株)へ移設申込みをします。
http://www.tepco.co.jp/town/custom/eigyo/token-j.html
事業所検索のページがありますので、そちらでご確認下さい。
勿論、電話でも構いません。
電信柱にプレートがはってあり、記号と番号が読めます。
これを控えておくと対応もスムーズでしょう。
家を新築、立替、リフォームであれば建築会社に依頼するのが良いでしょう。
NTTの電柱を移設やNTTの専用柱を移設したい場合は、管轄のNTTへ移設申込みをします。
管轄のNTTがわからない時は、116番へ問い合わせると教えてくれます。

移設には有償と無償があります。

ご自身の所有する敷地内にある電柱については無償です。
ただ、移動範囲は周辺の電柱、電線によって検討しなければならないで必ずしも希望の
位置に移動できるとは限りません。

敷地横の道路や歩道など公道内にある電柱は有償です。
一概には言えませんが30万前後でしょうか。

敷地内から公道への移設は無償です。

移設に関しては現地での立会い・打合せが必要となりますので、立会いの日時を決めます。
立会日当日、東京電力の担当者と詳細を打合せ、申込みは完了です。
公道上に建っている場合は、後日、東京電力(株)より費用の見積りが出ます。
たいていは、先払いになりますので、関係者でよく打合せの上、負担者を決めます。
申請から実際の移設までにはかなり待たされます。
遅い場合では3ヶ月位でしょうか。
電柱を設置している土地には使用料がもらえます。相場によりけりですが
100円/月~300円/月程度とのことです。


スポンサーサイト