設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.191「リフォームで思うこと 1 」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.191「リフォームで思うこと 1 」

リフォームが花盛りです。
乗用車を購入する程の予算で気軽に模様替えが出来ることが人気を
呼ぶのでしょう。

私は新築の設計の合間にリフォームも手がけさせていただいております。
壁紙の張替え、畳、襖の取替え、お風呂やキッチンの交換など
空間をそのままに内装や住宅設備のみの模様替えであれば
リフォーム屋さんで賄えるのですが
居住性、機能性、耐久性、安全性、デザイン性をトータルでコーディネート
するとなると専門の設計者と一緒に計画を進めるのが一番と考えます。

そのようなことでお客様がリフォームのご相談に来られるのですが
リフォームは条件によってお客様の満足度が大きく違うことがあります。
そこで私の経験で思ったリフォームの成功させる為のノウハウをご紹介
いたします。

「リフォームは割高」
新聞の折込チラシでは材料単価がとても安く書かれております。
ネットで格安リフォームで検索すればすぐに見積もりを取りに来てくれます。
気軽にリフォームをしようとして見積もりを取ったら、とんでもなく高い見積も
りがきたなんて経験ありませんか。

単価は安いのですが建物は「目に見えている部分」の仕上材と「目に見えない部分」
の下地材があります。下地を組まないと仕上材が作れません。これらはペアなので
見積もりに反映されます。
リフォームは既存部分があります。
一度、解体をしなければなりません。解体屋さんの人工、解体処分費が必要です。
柱は梁など構造が隠れています。天井や壁を解体して初めて場所が分かるので
それまでは憶測や感に頼ることもしばしばとなります。
大工さんも考えながら行うのでやはり人工が余計にかかります。
このようなことからリフォームは新築に比べて割高です。

「中でも水まわりの変更が」
水まわりのリフォームには水道工事、ガス工事、電気工事、更にタイル工事、
建具工事、家具工事、など多くの業者が絡みます。
各業者は各々の営業車に専用の工具と道具を積んでやってくるのでその人たちの人工が
発生します。
その上、システムキッチン、ユニットバス、シャンプードレッサーなど高額な商品が
見積もりに反映されます。
せっかくリフォームしたのだから食器洗浄器、浄水器、IHクッキングヒーター、
人造大理石カウンター、プルダウン吊戸棚etc・・
新築でも同様、水まわりが一番コストがかかっております。
そうは言っても、カビはシロアリなどで一番替えたい部分なのですね。

但し、壁紙だけ張替え。畳だけ交換。などパーツだけの取替え程度の
下地材を変更しないリフォームであればコストパフォーマンスは安いと考えます。

「見積もり分岐点」
個人的に設計事務所レベルでのリフォームを期待されるには
リフォーム費用で1000万円前後と考えます。(LDK+水まわりの変更)
勿論、リフォーム範囲、住宅設備のグレードはありますが少し気が利いたデザイン
で快適なリフォームが出来る範囲でしょうか。
先の述べたようにリフォームは割高です。
1500万円を超えてしまうと建替えて新築にしたほうが絶対にお得です。

スポンサーサイト