設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.182「心地よい風を呼び寄せるコツ」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.182「心地よい風を呼び寄せるコツ」

高気密高断熱住宅のように窓を閉め切って空調機の力技で
快適空間を作り出すのも屋外のストレスの多い都心では必要ですが
やはり、自然の風を受けながら生活するのが一番気持ちよいものです。
昨年のシックハウス法によりホルムアルデヒドが禁止となりましたが
それ以外にも家には有害な物質が含まれております。
健康の見地からでも家の換気は不可欠です。
今回は風を心地よく流すコツを紹介いたします。

1階より2階、2階より3階と上階になる程、風は吹きぬけます。
風の恩恵を受けたい部屋があるならばなるべく空に近いところに
持ってきましょう。

風は流れるものです。
滞っていては風ではありません。
マンションのチラシの間取り図を見ると
光の入る印と風の入る印が描いてありますが
部屋に1ヶ所しかないところがしばしばあります。
あれでは風をいうより空気がじわりと入れ替わる程度で
心地よい風は期待できないでしょう。
風が吹きぬけるには最低2ヶ所無くてはいけません。
それも別の面に。

部屋の対角上の窓2ヶ所を開けてください。
その際、風の入ってくる窓は小さく
風の出てゆく窓は大きく開けてください。
部屋の中で渦を巻きながら換気をしてくれます。

夏の朝は海から陸に向かって風が吹きます。
夜になると陸から海に向かって風が吹きます。
太平洋側にお住まいですと南が海で
北が山の場合が多いので
夜は南北の窓を開けてください。
北から南に向けて涼しい風が吹きぬけることでしょう。


スポンサーサイト