設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.171「中庭の木」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.171「中庭の木」

家の中心にシンボルツリーがあると四季を感じられ心豊かに生活すること
が出来ます。
ただ、中庭ともなると日照、通風、が自然の状態よりも厳しいので環境に応じた
樹種の選択が必要です。

ガーデニング屋さんでは店先で根がわらで包まれた植木が売られていています。
その場で商品そのものの選択が出来て、配送も安いので陽が良くあたる場所で
あればご自身で植えても良いかも知れません。
もうひとつの方法としては植木屋さんからの購入です。
少々、割高になりますが一年間の保証をつけてくれたり、
専門家が植え込むので枯れる心配が減ります。
自然の生き物なのである程度考慮しながら設計者も検討しますが
建物の構造上や見た目、他の設備との取り合いとトータルで植木との調整を
しなければなりません。
そのようなこともあり、「植えたら100%枯れない」とは言えませんので
ある程度、お客さまのご理解も必要になります。
築後は枝張り、枯れはの処理、水遣りなどの手入れもある程度必要になります。

「植木の図鑑HP」
http://www.zouen.co.jp/zukanframe.htm

中庭用の木の例です。

ハナミズキ
枝が横に広がるので中庭に植える場合は剪定が多めに必要でしょう。

シャラ(夏つばき)
大きめの花が咲き、華やかです。
日照はひめしゃらよりは強いので良いかも知れません。
上に向かって伸び、株立ちにすれば養分も分散されるので
育ちが遅めになり、中庭には最適でしょう。

ひめしゃら
木肌が滑らかで赤色です。
主に一年を通じて木肌を楽しめ、小さな花も咲きます。
上に向かって伸びるので中庭には適します。
ただ日照が必要なので植木屋さんと良く相談しましょう。

スポンサーサイト