設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.157「建物解体時の家具の処分」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.157「建物解体時の家具の処分」

家を建替える際には既存建物を壊さなければなりません。
壊したあとは新しい家の建築が始まる為、一時仮住まいの必要が出てきます。
約半年ほどの仮住まいですからアパートや借家で十分です。
ですが今までの生活よりスペースが狭くなるので家具の置場に困ってしまいます。

古い家具をこれは良い機会とばかりに処分する場合が多いのですが
心情的にそうもいかない場合もあります。
思い切って処分する方法としては
まったく使えそうも無ければ解体時に建物内に残しておき、そのまま解体業者
に運んでもらう方法や
トラックやワンボックス車を使って家族で行政の焼却場に運び有料で引き取って
もらう方法があります。
解体も今は分別が厳しく決められて入る為にその分の手間賃がかかるように
なってしまいました。なので家具1つ増えただけでも撤去費用が意外とかかる
ようになります。
行政の焼却場は金額がまちまちです。1つ500円位から重さで決めたりします。
解体業者の見積りと焼却場の費用の両面から検討して決めるのが賢明かと
思われます。
新しい家具であればリサイクル店に引き取ってもらうことも可能です。
数がまとまっていればトラックで運んでもらえるので手間賃だけ助かります。
引き取り代金は期待しないほうが体に良いとおもいます?

一方、どうしても捨てられない場合の方法としては
直して使えそうな家具を家具リフォームにお願いしたり、自分で修復する方法。
家具の一部分を使って新築住宅に取り込む方法。
仮住まいに入りきれないどうしても使いたい家具はトランクルームに一時保管
する方法などでしょうか。
骨董価値のある時代箪笥などは除いても本物の木を使って作ってある家具は
塗装をやり直せば見違えるほど味わい深いものに変身します。
私自身もお客様が使わなくなった家具を頂いてDIYで道具を調達し、
仕事の合間をみては塗装を剥がした後に刷毛で光沢のある塗装をあたらに
塗り重ね、取手も舶来品に付け替えてみました。
和室に置いたら軽い感じの和室に趣きが出ました。
家具に今では手に入りにくいガラスなどがはめ込まれていれば
それを新築住宅の扉に使ってみるとかすれば想い出も蘇ります。
いかがでしょうか。

まだまだ使えるが新築の家にデザインが合わない場合が難しいですね。

スポンサーサイト