設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.123「プランニングが契約後になってしまう理由です」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.123「プランニングが契約後になってしまう理由です」

契約前イメージ出来るようなものを提案してもらえるのかと質問を
受けることがあります。

私共も本来であれば契約前にスケッチやプランを出すのも
サービスかと思うのですが
プランに数々の楽しいしかけや工夫を表現するのには
それ相応の情報を大量にかつ確実に掴まなければなりません。
具体的に申し上げますと
斜線制限、採光距離、など建築基準法をはじめとする諸官庁調査をしてから
実際に現場に立って太陽の位置、近隣の窓の位置、かぜの強さがどの方向が
強いか、付近の音はどうかなどを確認します。
(隣接するお宅のお風呂場の位置などは夜になると掛け湯などの音が
大きくなるので結構重要になります)

そしてお客さまの要望も家族全員の意見を細かくうかがって
優先順位、ご家族のバランスを判断した上で、コストパフォーマンスの高い、
無駄の無いプランにしてゆきます。

ハウスメーカーであれば無難でクレームの無い計画がもっとうですので
すぐに「エイヤー」と営業マンがプランをつくってきて出来てしまうのですが。。。。

こんなふうに中途半端なプランをお見せしてしまうのは私共の本意ではありま
せん。
また仕事のスタンスがお客さまの利益を最大限に考えているので限界設計の
部分が多くなります。
道路からは道路斜線が発生するのでご家族の要望を取り入れるとはみ出してし
まいそうになるところをギリギリの範囲までひろげるとか
より天井高を確保するのに構造体を移動するとか
ゴミ置場の位置やキッチンのカウンターの高さや朝起きて歯を磨くまでにかかる歩幅など(少々、細かすぎましたが。。)を加味したりします。
もちろん、構造体は限界にはしませんが(笑)

このようなことでどうしても物理的な作業量、作業時間が多々発生してしまうためにどのお客様にもお願いの上、契約後と言うことでご理解いただいております。
スポンサーサイト