設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.119「借地に家を建てたい!」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.119「借地に家を建てたい!」

土地を買って建物を建てて。。。と考えると経費を入れれば4000万円を
越えてしまいます。
その殆どをローンで賄うともなると気が重くなることもしばしばあります。
35年ローンなど組んだら最後、70歳まで払い続けることも。。

それならば
この際、親、親戚、血縁、兄弟、
甘えられる協力者があれば積極的に甘えてしまおう!
と思う選択肢もあってはよいのではと考えます。

土地について借りることが出来るならば資金は建物だけに使うことが出来ます。
自己資金、つまり貯蓄のみで建てるのならば問題は無いのですが
建築費も銀行から借りる場合となってくると
少々、クリアしてゆかなければいけない問題もあります。

その1
銀行はご存知のように担保がないとまとまったお金を貸してくれることはありません。
車などは無担保ですが、金額が少なく、返済期間も短く、金利も高いので可能なのです。
建物は償却期間があり、期限が切れると価値がゼロになります。
リースと一緒の考えですね。
なので万が一、ローンが払いきれなくなった場合、銀行はその人に代わって家を処分
するのですが、新築時に比べずっと査定額がさがってしまうのです。
このようなことから建物を2000万円で建てたくてもその半分ぐらいしか銀行では融資
してくれないようです。
これでも良いほうで基本的には貸してくれないようになっているらしいのです。
詳しくはそれぞれの銀行窓口で聞いてください。

そのようなことで建物の建築費を満額借りる為には銀行は土地に
担保設定を求めてきます。
血縁から土地を賃借権で借りる場合はこのところをよく先方にお話をしておくのが
賢明だとおもいます。

一般定期借地権といったビジネスでおこなうものとは別です。
一般定期借地権扱いにすればいいのではないか?と考えますが
血縁が事業主とわかった時点でダメだということです。
スポンサーサイト