設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No.108「建てるときも、住んでからもお金のかからない家づくり講座」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.108「建てるときも、住んでからもお金のかからない家づくり講座」

主婦の友社「はじめての家づくり」NO23で
「建てるときも、住んでからもお金のかからない家づくり講座」を書きました。
数回に分けて紹介と書きましたがはや8回目となってしまいました。

「こだわりの部分は大切にして簡単にあきらめないで」
こだわりのプランや材料、設備機器がある場合、
予算オーバーだからとあきらめると、あとあとまで悔いが残りがち。
たとえば、キッチンは一般的なシステムキッチンのI型がローコストと
以前書きましたがどうしても輸入物の無垢のキッチンがあきらめられない---
などという場合、ほかでコストを抑えられる部分は無いか、プランを見直して
みましょう。
これから先、何年も後悔を引きずらないように良く考えて。

「小さな家ほど坪単価が上がるワケは・・・・」
「小さい家は割高になる」とはよく言われることですが、
残念ながらそのとおりです。
キッチン、バス、トイレといった水周りは、家づくりの際にコストがかかる部分ですが、
小さい家だからといって、これらのスペースを小さくするにも限界があり、
暮らしやすさを考えると、トイレは上下階に・・・ということになるため、
どうしても坪単価はあがるのです。
ローコスト住宅の場合、だいたいの坪単価の目安は、延面積30坪程度の
広さでは、最低52万円/坪かかります。
(湯山重行設計工房の場合)
それ以上の広さでローコストがお望みであれば47~50万/坪に下げることも
可能です。

スポンサーサイト