設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 No101「建てるときも、住んでからもお金のかからない家づくり講座」
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No101「建てるときも、住んでからもお金のかからない家づくり講座」

主婦の友社「はじめての家づくり」NO23で
「建てるときも、住んでからもお金のかからない家づくり講座」を書きました。
その内容を数回に分けて紹介させていただきます。

「コストを抑えても満足な家-どこに依頼すれば実現する?」
家づくりの主な依頼先は、ハウスメーカー、設計事務所、工務店の3つです。
けれどこのなかのどこを選べば、コストを抑えても満足できる家が建つ、とは
一概には言えません。
各依頼先の特徴と、建て主の好みやポリシーが合致したときはじめて、
家づくりは成功するのです。そこでまず、それぞれの特徴と、依頼する際の
ポイントを御紹介いたします。

ハウスメーカー
メーカー住宅のメリットは、メーカーに対する信頼感と、出来上がったものを買う
感覚から得られる安心感です。
また、工場で大量生産することでコストダウンでき、仕上がりのばらつきが小さい、
工務店や設計事務所に依頼した場合より工期が短いメリットもあります。
ハウスメーカーとの家づくりでコストダウンを図るなら、大量生産の利点をフルに
生かせるよう、規格型モデル、標準仕様に出来るだけ近い家を選ぶのがお奨めです。
プランを変更したり、オプションを取り入れたりすると、その分コストアップするので
注意しましょう。

設計事務所
建築家に依頼する家づくりで、十分な話し合いを重ねながら、予算や建て主の好み、
敷地の形状、環境などに合わせて設計していきます。
只し、建築家の中にはローコスト住宅を多く手がけている経験豊富な人に依頼するのが
ポイント。
また、センスや価値観が近いかどうか、時間が守れてマネジメント管理も出来る
トータリズムのある人(バランスの良い家づくりには大切な要素)、
現場を知っていて、工務店との金額などの交渉がきちんと出来そうか
(人柄の良さは大前提ですが、場合によっては押しの強さも必要)、
自宅を自分で設計しているか(自分でメンテナンスをしているので、暮らしやすい
家を提案してもらえます。そうでない場合は理想を追いがち)
なども大切なポイント。電話で話したり、実際に会って肌で感じたり、
事前にホームページを見て、メールで問い合わせをして感触を調べるとよいでしょう。

工務店
施工面でコストを下げるノウハウや、安く仕入れられる材料などの情報を独自に
もっているので、設計能力・施工能力ともに信頼できる工務店が見つかれば、
ローコストで満足ゆく家が建てられます。ただし、一般の住宅を引き受けられる
中小の工務店には能力のばらつきがあるので、評判のいい工務店を選ぶことが
大切です。
安全面では、住宅性能登録機構の住宅性能保証制度に加入していることを
確認してください。
スポンサーサイト