設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 2012年07月
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.378 家づくりプチ失敗談「ダイニング・キッチン編その2」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
家づくりプチ失敗談「ダイニング・キッチン編その2」

ネット上には家づくりが終わって実際に住んでいる人から
「大部分は満足なのだがあと少しだけこうすればよかった」
という声があちこちで載せられています。
そんな家造りの先輩からのメッセージの一例を紹介させて頂きます。
身を持って体験した心の声をあなたのすまい造りに生かしてください。



■Eさんの嘆き
戸建の台所には勝手口と食品庫を
今では分別ゴミは当たり前。でもキッチンに分別用のゴミ箱を置くスペースがないため、
毎回、外の車庫まで持って行くことに。キッチンに勝手口を作って、
2畳くらいの食品庫があると便利だったと後悔。野菜も冬になれば白菜やネギなど保管できるし、
すぐ取りに行けたのに残念。


□そんなEさんが次に建てるときには、
また出ました勝手愚痴。
勝手口があれば夜、生ゴミを室内から出しておくことが出来ますし、
2階であっても勝手口を造ってサービスバルコニーを造ってそこに一時的に生ゴミを
おくことができます。
食品庫はあると便利ですね。食品庫内に換気扇をつけておけば湿気も吐き出してくれます。



■Fさんの嘆き
水栓を少しケチったばっかりに…
台所の水栓を一番安いものにしたら、シャワーは出にくいし、
ホースが伸びないのでシンクが洗いにくい…。
使うたびに「こんなところをケチらなければよかった」と後悔しています。


□そんなFさんが次に建てるときには、
シャワーが出にくいのは水栓というより水圧をコントロールするバルブや元々の水圧の
問題かも知れません。一度シンクしたの調整バルブを点検してみてはいかがでしょうか。

余談ですが、便利なキッチン用ワンハンドレバー式混合栓は、
の大体10年でパッキンが磨耗してユニット交換になります。

業者に頼むと数万円
自分で交換で1万円前後掛かります。

それを踏まえてシンプルな構造の水栓を買っておくのも良いかも知れません。



■爺さんの嘆き
夫(男)に家づくりを任せにしたばっかりに…
男の見栄で急遽マイホームを建てる事になり、乗り気じゃなかった私は、
全て旦那任せにしました。しかし、いざ住み始めて家事をしてみると、
台所からお風呂場に行くのに、リビングを囲んでいる廊下をぐるりと回らないとたどり着けない。

□そんな爺さんが次に建てるときには、
台所横に奥様専用の豪華露天風呂を勝手に造っちゃいましょう。
地下2000メートルからの天然温泉なんて素敵ですね。
宝くじを当てて掘りましょう。

と、いうのは冗談で建ててしまう前に図面の中を必ず歩いてみましょう。
リカちゃん人形やガンプラでもフィギュアでもいいです。
自分に見立てて様々なシュチュエーションで歩きましょう。



■Hさんの嘆き
標準サイズでも確認が必要
キッチンカウンタ−の高さを選ぶ際、標準サイズで大丈夫かと思い、
実際の高さのカウンターの前に立たなかった。しかし、なんだか使いにくい。
夫もキッチンに立つ方なので、あと10cmくらい高くても良かったかも。


□そんなHさんが次に建てるときには、
イケメン料理人の速水もこみちさんは身長186センチ。
料理番組のゲストに招かれたとき、
オープンキッチンで背を丸めて辛そうに調理をしていました。
今はお若いからいいでしょうが私は彼の腰痛が心配です。
彦麻呂のように仕事で不健康そうな体にならないことを祈ります。

話は脱線しましたが既成のシステムキッチンは80、85、90と5センチ刻みで
高くなります。この範囲で十分であればそれを選び、
もっと細かく刻みたいのであればアップグレードしたり、
家具工事で造ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

NO.377 家づくりプチ失敗談「ダイニング・キッチン編その1」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
家づくりプチ失敗談「ダイニング・キッチン編その1」

ネット上には家づくりが終わって実際に住んでいる人から
「大部分は満足なのだがあと少しだけこうすればよかった」
という声があちこちで載せられています。
そんな家造りの先輩からのメッセージの一例を紹介させて頂きます。
身を持って体験した心の声をあなたのすまい造りに生かしてください。


■Aさんの嘆き
キッチン前の出窓
当時は流行で高級感があり、物も置けてよかったのですが、
実際に使ってみると、キッチン越しに窓の開け閉めが大変で、
物を置いたきり開かずの窓になっていました。リフォーム時、
出窓をやめ普通の窓にしました。予算も下がり使い勝手もよいです。


□そんなAさんが次に建てるときには、
既にリフォームを済ませて普通の窓に変更されているということで
すのでお疲れさまでした。
昭和の後半、出窓は流行のようにどのお宅でもひとつはありましたね。
出窓は外部に張り出しているので冬場は寒いという難点がありました。
今、出窓を希望する人めっきり減りましたが。


■Bさんの嘆き
キッチン吊戸棚の高さをあやまりました。
手が届かないので必ず脚立が必要となり、料理中などとても大変です。
窓との絡みで高くなりがちですが、
ショールームなどで使い勝手のよい高さを確認された方がよいと思います。


□そんなBさんが次に建てるときには、
建てる前に一度はキッチンショールームで確認されることが肝要です。
大概スリッパを用意されているので履き替えて使いましょう。
吊戸棚もグレードによってはソフトダウン式という、
手動レバーや電動で吊戸棚の中身が下って使い易いタイプもあるので
予算に余裕があれば採用してみてはいかがでしょうか。


■Cさんの嘆き
勝手口の所が段差が大きくけっこう出にくい

□そんなCさんが次に建てるときには、
最近の建物は耐用年数を増すために出来るだけ土台を基礎から高くしています。
必然的に床も高くなり、勝手口ドアを開くと地面まで60センチ程の段差が生まれます。
仮に一段ステップをつけても段差は30センチ。
室内階段は22センチ前後なので更に一段つけ合計二段の段差をつければ
一段あたりの段差が20センチで済みます。
ゴミ出しで手がふさがっているのステップはなるべく段差が少ないのがいいですね。

ついでですが、
勝手口を設ける場合は室内側で外履きが使えるように土間を設けて置きましょう。
段差も更に低くなり、外に出る際に外履きが雨に濡れません。


■Dさんの嘆き
ダイニングの照明の場所。
ダイニングスペースのど真ん中に照明口を作ったのですが、
実際家具やダイニングセットを置くと、照明が必要な場所は、
そのスペースの真ん中ではないことがすぐ分かりました。
しょっちゅう、照明器具に頭をぶつけています。


□そんなDさんが次に建てるときには、

ライディングレールなどを取り付けて移動出来るようにしましょう。
器具だけで3万円程度で手に入ります。
ご家庭の照明の取り付け用引っ掛けシーリングブラケットに
直接取り付けられるライディングレールもあるのでそれを利用すれば
もう頭をぶつける必要はありません。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ