設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 2012年06月
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.376 家づくりプチ失敗談「窓編その2」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
家づくりプチ失敗談「窓編その2」

ネット上には家づくりが終わって実際に住んでいる人から
「大部分は満足なのだがあと少しだけこうすればよかった」
という声があちこちで載せられています。
そんな家造りの先輩からのメッセージの一例を紹介させて頂きます。
身を持って体験した心の声をあなたのすまい造りに生かしてください。



■Eさんの嘆き
窓の大きさは標準的な大きさのものに統一されていたほうがカーテン・ブラインド等
選択範囲が拡大でき、交換も容易だったかなと・・。

□そんなEさんが次に建てるときには、
ホームセンターなどに陳列されているサイズの決まったカーテン、
俗に言う吊るしのカーテンは、窓寸法を測ってつくるオーダーカーテンより随分格安です。
Eさんのようにある程度は既製品サイズの窓にしておいたほうが安いでしょう。
まので家の窓のサイズは全部で5パターン程度でまとめるなどすると経済的です。
オーダーでもネット販売を利用するとメーカーよりも2/3~1/2の価格でつけることが出来るので、
利用してみてはいかがでしょうか。


■Fさんの嘆き
寝室に窓をたくさんつけたこと。防音が悪くなり、道路の騒音がある。断熱もよくない。
寝室なのであまり窓は必要でなかった。

□そんなFさんが次に建てるときには、
おっしゃるとおりです。
寝室なので窓は少なめがいいですね。
あと、窓際にベットを置くと、冬は頭が寒くなる傾向にあります。
二重窓などの工夫も必要でしょう。


■Gさんの嘆き
座敷に座ったとき窓の位置がはるかに上の為に圧迫感があった。
障子が片方しか開かないので半分しか開放感が得られない。

□そんな爺さんが次に建てるときには、
和室は座の生活が基本です。
現代住宅のセオリーどおりであれば窓の上端は床から2m程度に
とりつけるのですが、そうすると爺さんのようにものすごく閉塞感に苛まれてしまいます。
解決策としては、窓は床から生やす、できることなら上のほうにももうひとつ生やす。
つまり、上下に窓をつけるのです。
座ったときには下の窓からは庭を眺めることが出来て、上の窓からは高い陽が差込ます。
両方の窓を開けば換気も十分にとれることでしょう。
スポンサーサイト



テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

No.375 家づくりプチ失敗談「窓編その1」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
家づくりプチ失敗談「窓編その1」

ネット上には家づくりが終わって実際に住んでいる人から
「大部分は満足なのだがあと少しだけこうすればよかった」
という声があちこちで載せられています。
そんな家造りの先輩からのメッセージの一例を紹介させて頂きます。
身を持って体験した心の声をあなたのすまい造りに生かしてください。




■Aさんの嘆き
次は窓の大きさと形と位置。採光と風通しに重要ですが、
これまたたとえ立体図があろうと模型があろうと、
バーチャルに実際体験してみない限り、
建ててみてからけっこうここにあればよかったここは不要だったとなりがち。
窓は簡単に壁に穴を開けてあとからつけるというわけにもいかないし。

□そんなAさんが次に建てるときには、
やはり建築士や設計担当と十分に打ち合わせを重ねて理解してから
建てることに尽きるのではないでしょうか。
実物大を造るよりもドラえもんにスモールライトを借りて、
自分が小さくなったほうのが現実的かも、、


■Bさんの嘆き
少しでもたくさん日差しが入るようにと、窓をたくさん付けました。
「日当たりの良い家になる」とかなり満足。
「マイホーム買ったら念願のピアノを置くぞ」と思い、アップライトピアノを搬入してびっくり!
窓だらけのため、ピアノを置ける窓のない壁面が玄関からリビングに続く廊下だけでした。

□そんなBさんが次に建てるときには、
窓をたくさんつけてもピアノが置ける方法は、
アップライトピアノよりも上のほうに窓を付けることです。
上のほうに付ければ高い位置の光りが差し込み長い時間明るく過ごせます。
窓の位置は構造壁の問題もありますが、上下であれば移動も易いので、
建築士などにどしどし言ってみましょう。


■Cさんの嘆き
思わぬ場所の窓が、はめ殺しでした。
階段の途中にある窓なのですが、すごく大きい窓なのに開かないので、
夏は暑いだけで風が通りません。
リフォーム屋さんで窓を開けられるように直してもらおうかと思ったのですが、
サイズが規格外でとても大きいため、何十万もかかると言われ諦めています。

□そんなCさんが次に建てるときには、
最近の夏の暑さはこたえます。
オフィスビルははめ殺し窓を多用しても空調でコントロールされるのですが、
住宅ではコストが大変です。
フレームの少ないシンプルなデザインで人気のはめ殺し窓ですが、
必ず日差しが入る位置を確かめてから取り付けて、
かつ、風が抜けるような窓をその部屋にもうひとつはつけて置きましょう。
対角にひとつずつ付ければ尚いいのですが、ひとつでも他の部屋の窓からの風が
抜けることも多いので、、、


■Dさんの嘆き
24時間換気の換気扇取付け高さ。1800程度の位置に付いていますが、
大きな棚等を入れると干渉しそうです。高い位置でよければ高い位置にしたかった。

□そんなDさんが次に建てるときには、
最近、部屋の外部に面した壁には取り付けるものが増えています。
エアコンや換気扇、液晶テレビと取り合いです。
そんなことで窓上に24時間換気扇を取り付けてみてはいかがでしょうか。
エアコンであれば冷媒管も必要なので窓上は出来るだけ避けます。
本棚も置きませんよね。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ