設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 2010年04月
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.329「エネファームがダメならエコウィルでどうですか」

燃料電池は、都市ガスから「電気」と「熱(お湯)」を同時に作るシステムの
エネファーム。
エコで素晴らしいのですが、庶民にはまだ高額。

身の丈にあった予算でお財布にも優しくて、
少しはエコなシステムはないのでしょうか。
しかもガスを使って。

と、いった貴兄にお答えすべくガス会社が頑張っているのが
このエコウィルです。
エネファームの原理をもう少し簡単にして、
都市ガスを燃やしてタービンで発電して家庭の電気の一部を
賄いながら、発電で出たお湯も貯めて使うものです。

もう少し丁寧に解説しますと、
エコウィルはクリーンな都市ガスで発電し、
そのとき出る熱でお湯もつくり、
暖房もできる家庭用のガスコージェネレーションシステムです。
1kWの発電をするときに、同時に2.8kWの熱ができ、
それを有効利用することで、省エネを実現します。

ガスエンジンで発生した熱は、貯湯槽でお湯として貯えられ、
給湯、追い焚き、暖房に使われます。

身近にたくさん走っている自動車も、
エンジンを回転させることにより車を走らせる(動力)だけでなく、
発電機をまわして電気を作ったり、
冷暖房をしたりする点ではコージェネレーションなのです

ガスエンジンコージェネでは…
 ○自動車では大気に放出している排熱
 ○ラジエーター(冷却水)の熱
 ○排気ガス中の熱
からお湯をつくり出して給湯・暖房などに利用しています。
つまり、自動車よりも高効率なシステムといえます。


●貯湯時
発電時のエンジンの冷却熱と排気の熱でお湯をつくって貯湯タンクに貯めます。

●給湯時
発電時のエンジンの冷却熱と排気の熱でお湯をつくって貯湯タンクに貯めます。
貯湯タンクのお湯を給湯に使います。
貯湯タンクの中の湯温が下がったら補助熱源機が貯湯タンクから出るお湯を加熱します。

●暖房
発電時のエンジン排熱で暖房温水を加熱します。
暖房の熱が足りないときは、補助熱源機で暖房温水を加熱します。
エンジン排熱が余るときは、貯湯タンクに余剰熱を貯めます。

●ふろ追いだき
発電時のエンジン排熱と補助熱源機で、おふろの冷めたお湯をあたためます。

電気+床暖房+ミストサウナ+給湯

ガス瞬間湯沸かし器なので湯切れの心配がありません

エコウィルが発電する際に必要とするエネルギーは、
クリーンエネルギー天然ガス。
天然ガスは、産地において約-160℃まで冷却され、
体積1/600のLNG(液化天然ガス)となる工程の中で、
硫黄分などの不純物が一切排除されているためとってもクリーンです。
地球温暖化の原因と言われるCO2の排出量も少なく、
酸性雨の原因と言われるNOxやSOxもほとんど排出しません。

エコウィルなら、購入電力を年間40%も削減

エコウィルで発電することにより、
購入電力の約40%を自宅でまかなうことができるため、
電気代を大幅に節約することができます。
その上、発電の際に出る排熱も効率よく、
家中の給湯や暖房にも活用できるので大変おトクです。

エコウィルを導入すれば、光熱費が年間約30,000円もおトク。

たとえば床暖房をリビングダイニングに設置するとき、
従来のTESシステムを熱源として、
床暖房を設置した場合と比べて、発電を自宅で行えるため、
光熱費を年間約30,000円も節約することができます。
専用のおトクな料金、「発電エコぷらん」のご契約をお忘れなく。

(計算条件) 戸建住宅4人家族での想定
● 従来システム
使用機器:ガス給湯暖房機、ガス温水床暖房(居間)、
ガスコンロ、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコンを使用

● エコウィル
使用機器:ガス発電・給湯暖房機、ガス温水床暖房(居間)、
ガスコンロ、居間以外の暖房及び冷房は電気エアコンを使用

計算は条件により異なります。

エコウィルは平成21年度補助金対象商品です
エコウィルは優れた省エネ性が認められ、
「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」
の一環として、エコウィルの購入者に対して国から補助制度があります。

出典:東京ガスHPより

発電するので音はどうなのでしょうか?
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

No.328「マイホーム発電エネファーム」

燃料電池というと近未来の自動車の動力源として、
注目されておりました。
排気されるものが水とうことで
究極のエコロジーと言われておりましたが、
実用化が思った以上に難しいらしく、
時代は電気自動車へ傾倒しているようです。

多少大きなスペースが必要であれば住宅ではどうかと
東京ガスなどがあみ出した起死回生の必殺技、
それが、エネファームです。

燃料電池は、都市ガスから「電気」と「熱(お湯)」を同時に作るシステムです。
発電した時に出る熱を回収し、お湯にして給湯や暖房に利用します。
自宅で発電するので、エネルギーを無駄にしない、
高効率で地球にやさしいシステムです。

ポイントその1
ガスを使って発電するので、電気の購入量が減り、
電気料金が節約できます。

ポイントその2
ガスを使って発電するのでガスの使用量は増えますが、
エネファームで発電エコぷらんを利用することでガス料金をぐっと抑えることが
出来ます。

HPにはガス料金+電気料金でのトータルコストで5~6万円程お徳と書いてありますが、
月なのか、年なのかが不明でした。
オール電化の場合と比べるとどうなのかが気になりましたが、
国のバックアップの補助金もなく、イニシャルコストも高そうなので、
恐らくオール電化に軍配は上がりそうです。

このシステム、よく考えれば電力会社が電気を作る際のシステムを
家庭に持ち込んだ、ミニ発電所ですね。
実際、電力会社は天然ガスを使って電気を生み出しているし、
火力発電は石油を燃やしてタービンを動かすことで電気を生み出しています。

石油精製したガソリンを燃やして発電機を回し、電気を得ている車もミニ発電所ですね。


エネファームには条件があります。
(1)または(2)と、(3)および(4)を満たすこと。

(1) 住宅において家庭用燃料電池をお使いで、
これによって供給される電気と温水を、
居室でご使用されていること。

(2) 施設付住宅等の非住宅部分において家庭用燃料電池をお使いで、
これによって供給される電気と温水を居室でご使用されている場合には、
1需要場所のガスメーター能力の合計が16立方メートル毎時以下であること。

(3) 家庭用燃料電池の定格発電出力が500W以上3kW以下であること。
(4) 当社が(1)または(2)と、(3)の条件が満たされているかを確認させていただくにあたり、
建物への立ち入りをご了承いただくこと。


縛りがキツイですね。


****スミマセン、上記エネファームの特集で訂正があります。****
エネファームやエコウィルもバックアップ補助金がありました。
(民主党政権になって、事業仕分けの対象となり補助金が半分になっています)http://www.fca-enefarm.org/subsidy/subsidy.html

国以外にも、市や町で独自の補助金を出しているところもあるので
確認すればお徳に求めることも出来そうです。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

No.327「中国製について」

過去に中国製の乗り物を数台購入した経験がありましたが、
鉄の部分があっと言う間に錆びてしまいました。
最初は酸性雨の影響か塩害かと思っておりましたが、
違った製品、違う機能を確かめることで確信に変わりました。

プラスチック製で出来た容器は紫外線に弱いので表面の光沢が
失いだし、粉を吹くようになります。
数年は持つものですが、中国製のそれを購入すると、
直ぐにおせんべいかのようにパリパリと割れてしまいます。

ステンレス製の鍋を買ったら磁石がくっついたり、
まさかと思ったアルミもくっついたり。

日本の会社が中国で製造しているものは比較的良質なのですが、
まれにNGなものもありました。

数え切れない会社が知識が乏しいまま製品を作り、
一応の出来上がりを見せるのですが、
中身の成分粗悪なため、
今は相当、注意が必要だとおもいます。

乱立する製造業もやがては淘汰されて、
良質なものへと変化して行くだろうと思いますが、
仕事で使用する、建物の製品は成るべく国産のものを使うように
心がけようと改めて思いました。

だだ、一般に出回っている殆んどの木材は今や中国産です。
時遅しといった感じでしょうか。
国産は数倍の金額になってしまって、困ったものです。
ヨーロッパ産の木材を中国で加工したものを使うことで
凌ごうとおもいました。
但し、糊を使わない無垢の木だけ、、、、

エコも大事ですが、それ以上の意味で国産のものを。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用