設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 2008年09月
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.292「IHクッキングヒータとガスレンジ どっちがいいの?」その1

新築時に調理器具にIHクッキングヒータを採用されるご家庭は
今や8割程です。(当事務所調べ)

「ガスに比べて安心で熱効率がいいから」ということで採用されるのが
その理由ですが、ガスってそんなに悪いものでしょうか?
世間の風潮で「何となく流行りに乗ってみた」というのが本音なのでは
ないでしょうか?

今回は私が「男の料理教室」に参加した際、料理の先生に
伺ったことを交えながら二つの調理器具を整理してみたいと思います。

ガスレンジも改良を重ねて機能も除々にIHクッキングヒータに近づき出しました。

ガスレンジは五徳まわりの油汚れを掃除するのが大変です。
IHクッキングヒータ(以後IH)は一面、平滑なガラストップグリルトップなので
汚れもサッとひとふきです。
ガスレンジもその点を考慮して取り外しが簡単な五徳の下はガラストップとして
上に載っただけの五徳を持ち上げれば簡単に汚れを拭き取ることが出来ます。

IHは温度調節が簡単です。
デジタル表示に温度を合わせれば10度刻みで温度設定が出来て、
揚げ物なども楽々出来ます。
ガスレンジは手元の回転レバーで目視しながら火加減を見るので
勘に頼ることが多かったのですが、IH同様、160度から10度刻みで
設定が出来る様になりました。

IHは安全です。
IHとは電磁誘導加熱(Induction Heating)のことで、
IH加熱は磁力発生コイルから発生した磁力線が鍋底を通過するときに、
うず電流となりその電気抵抗で鍋自体が発熱するしくみとなっています。
炎が出ないので火災に強く、
調理直後でなければ天板も熱くないので子供にも安心です。
ご老人の消し忘れにも対処出来るので二世帯住宅にもとても人気です。
一方のガスレンジは炎が発生するので衣服に燃え移ったり、
火傷になる危険性があります。
酸素を使い、一酸化炭素が増大するので中毒にならないように換気も必要です。
ただ最近では、今まで一つのバーナーにしか搭載されていなかった温度センサーが
全てのバーナーに搭載されました。
グリルも安全機能が搭載されており、より安心して使えるコンロに生まれ変わりました。

ガスレンジも巻き返しをはかり出したようです。

続く。
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

No.291「湯山紀行」国内編 その10 (伊勢神宮)

「ユヤマノリユキ」ではありません。
「ユヤマキコウ」と読んでください。(笑)
旅先で見たモノについておもったことを綴りたいと思います。

イスラム教の「アッラー」、
キリスト教の「イエスキリスト」、
仏教の「お釈迦様」、
に対抗すべく誕生したのが日本の代表、「神様」。

世界の最初に高天原で、別天津神・神世七代という神々が
生まれ、最後に生まれてきたイザナキ・イザナミにより誕生したのが
日の神、アマテラスであったとされます。
伊勢神宮の内宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭り、
外宮は豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祭られて他の神社とは
別格とされています。

それが証拠に、まだ暗い午前4時の開門でも既にスーツ姿の人々が揃って
お参りをしていたりするほどの格式でした。

神道は少々難しいので作法云々は割愛したいところですが
荘厳さが漂う、砂利が敷き詰められた宮内を歩けば気が引き締まり、
神道者で無くてもこころが洗われるものです。

既にご存知かと思いますが内宮の本殿は
20年ごとに全く同じ形で建て直されるので常に2つの敷地が用意されています。
今回が右側の敷地を使用しているので次回は左側の敷地に建てるのです。

20年ごとと区切るのは耐用年数もさることながら
宮大工を初めとする職方の建築技術の伝承、伝統工芸の伝承などの意味が
あるのです。
解体された古い建築材は縁起物ということもあり神宮内の他の社殿や施設に使用したり、
日本各地の神社に譲り渡されたりして再利用されるのです。

専用の林「神宮林」は
神路山、島路山、高倉山を主体とし面積は5,410 ha。約2,500 haのと天然林と、
将来の神宮式年遷宮で使用される予定のヒノキの植林を行なっている人工林に2分されています。

一級建築士の試験問題にも出るようにこの伊勢神宮の内宮のみが
唯一神明造と呼ばれて、奥行きより幅が大きく、高床式倉庫から発展し穀物の代わりに
神宝を納めるように変化したと考えられているように
柱には基礎がない掘っ立て柱のシンプルな構造です。

仕事柄、研究しようと画像データが欲しいところなのだが
本殿は撮影禁止なのでよくワカリマセン。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用