設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 2007年12月
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.272「ベッドをみておもう」

ベットが日本に伝わったのが奈良時代、中国からと言われます。
実際は昭和四十年代頃からウサギ小屋と言われた日本の住まいの
住宅事情の解消も兼ねての二段ベッドの普及からのように思えます。

基本的な核家族は両親に子供二人。
その子供にそれぞれ部屋を与えることも当時は厳しいことなので
二段ベッドはささやかな贅沢だったのかも知れません。
私の家にも近所のお下がりの二段ベッドがやって来ました。
上段に私、下段に妹が割り当てられて、押入れの中に入って遊ぶ同様に
楽しかった記憶があります。
当時は深夜ラジオも全盛だったのでイヤホンで聴きながら寝たものです。

成長するとやがてベッドを与えられてその名称に興味を持ち始めました。

ベッドの頭の部分にある板をベッドボードとかヘッドボードなどと呼ばれます。
寝相が悪いと上へ上へと進んでしまうのでそれを阻止するためにあるのかとか
考えましたが、ヨーロッパのような石の建築では夜になると壁際は冷え込みます。
壁を頭にした場合はとても寒いので寒さ対策で付けられたなどといわれています。
「宮付き」という表現のベッドがありますがその頭の部分に物が置けたり、蛍光灯が
仕組んであったりする棚付ベッドの事です。
本を読んだり、目覚まし時計を置いたり、物が隠せたりする扉があるので
タンスやサイドボートのようです。日本人の匠の技がこんなところにもあらわれています。

そういえばベッドの下も収納出来る様に引き出しもついていますね。
欧米でも寝るときは靴を脱ぐのであの部分は空いていないとイケナイのですが
やはり日本人は違います。

腰痛持ちの人がベッドは柔らかいので苦手といいます。
そんな人の為にあるのが畳ベッド。さすが日本人です。

古きよきハリウッド映画に登場するベッドはスプリングが良く効いていて
ベッドに寝るというよりもベッドに埋まるようですが
あのスプリングも年々進歩をしています。

フランスベッド社のHPによると
最初に生まれたスプリングの形をボンネルスプリングといい、
もともと、戦中の軍隊のバイクサドルや、車のシート内部に使われていたものを、
戦後、生活の洋風化の波にのってベッドの中に使われるようになったのが
始まりだといます。

ダブルベッドのように一緒に休む場合、一方が動くと一方に振動が伝わり
不快な気分になります。Z-Hi(ゼットハイ)スプリングは2つの支持面を
もつ逆Z型状のコイルが体圧の微妙な変化にも対応して身体を安定させます。
また、縦方向のヘリカルスプリングが不快な横揺れを防ぎ、きめ細かく荷重を分散します。

欧米でもマットは固めが良いとのことで昔よりも固めのスプリングが
採用されるようになりました。

マルチラススプリング
E-MAX(イーマックス)スプリング
などが主流となっています。

http://www.francebed-plaza.com/furniture/bace/mattkiso_02.html


紹介いたしましたこれらのスプリングは全て金属製ですが
廃棄とリサイクルがしにくい

環境大国のEUでは急速に脱金属スプリングマットレスへの動きが高まっているそうです。
プロナチューラ、ヒュスラーネストなど自然素材のマットレスにこだわるメーカーは、
フレーム自体にも金属を使わずに、木のねじを使うなどの工夫をしています。
彼らは金属スプリングを使うことにより地磁場が乱れが睡眠に悪影響を与える点
について指摘をしています。
磁場の乱れまで考えるとはまさにヨーロッパ。

と、いうことでウッドスプリングが注目を浴び出しております。
ウッドスプリングとはブナ材を重ね合わせた積層材にそりを持たせ、
そのしなりで自然のバネ機能を持たせたベッドの床板です。
ベッドのマットの下台ベースとして使用することで、優れた耐圧分散効果を実現します。
 この効果によって、人体の凹凸と動きを支え続けます。
人の身体の背中部の湾曲を理想的に支えることができるようにそれぞれの部位で
硬さの違うスプリングを組み合わせ、その上腰部分は使う人の体型に合わせて
調整できる優れたスライドスラット機能を備えています。
イタリー・ドイツ・フランス等のヨーロッパ各国で広く使われています。

日本の匠の技を生かして竹で作って欲しいものです。

スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

No.271「温泉とユニットバス」

温泉付マンションや温泉複合施設など花盛りの今日ですが
ボーリングによる掘削技術が飛躍的に進歩したのか
やや乱開発気味。
近くの井戸が枯れたり、地盤沈下が出てきたりして
そろそろ規制されそう。

別荘地帯では温泉権付き分譲地という物件があります。
一団の分譲地開発時に温泉掘削をしてそれを各戸に供給して
楽しむものですが利用するためには土地価格の他に温泉権という
権利を買わなければなりません。
場所によりけりですが300万円前後が相場といったところでしょうか。
住み出してからは温泉を使わなくても温泉使用料が月々にかかります。
「源泉かけ流し」と優雅に流し放題にしたいところですが
温泉使用料も一定ではなく、携帯電話のように基本使用量を超えると
超えた分はカウントされる仕組みとなっています。
管理の行き届いた分譲地ですと5~10年毎に温泉供給契約更新料なども
あります。
別荘地は管理体制が充実しているのでその分の管理費や水道使用料などが
どうしても割高になるのでこれらの負担を全て鑑みた上で購入を
しなければなりません。
極楽生活にもお金がかかりそうです。

さて、肝心な温泉ですが海沿いの温泉は弱食塩泉といった塩を含んだ
ものが多いので神経痛にはよく効きます。
その反面、金属を直ぐに錆びさせます。
アルミでも見事に朽ち果ててボロボロになります。
よって風呂釜を設置してしまうと釜があっという間に錆びて使えなくなります。
温泉は追い焚きしてはNGだし、釜をつけてはいけないのです。
温泉の他にお湯のお風呂に浸かりたいときには
水栓からお湯が出るようにしましょう。
温泉の水栓とは分けてください。

温泉の成分は人間の体には良く効きますが浴槽にとっては
変色したり、変形したり、割れたりする可能性があります。
温泉の為の浴槽はタイルや石、古代桧など造り付けが基本のようで、
ユニットバスなどに温泉の水栓をつけて使うことをメーカーに
確認するとNGが出てしまいます。
品確法やPL法の抵触を恐れてのコメントのようです。

単純泉であれば良い気もしますが。。

温泉旅館などの建設の際にも温泉を掘削するわけですが
水脈のように温泉にも脈があるそうです。
その脈に沿って掘り当てた場合、その脈の上流で使っている
温泉の湯量が減ったり、枯れたりした場合は保証をしなければ
ならないそうです。

温泉にも既得権があるのですね。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用