設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 2007年02月
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.249 「マンション改修のツボ 4」

今回もマンション改修のエキスパートである
日本建築家協会所属「ハル建築工房」の今井さんに伺った話を紹介いたします。
修繕費用が多額になりがちなマンションチェックポイントです。

・中庭などのあるマンションは表面積が多いので外壁面積が増えます。
したがって外壁工事が増えます。

・高層マンションは足場代が割り高になります。

・エレベータは多いに越したことはありませんが月額メンテ契約が一台ごとに
4万円以上かかります。

・機械式駐車場もランニングコスト、メンテコストがかかります。

・廊下の手摺が鉄でそれも中が空洞のパイプタイプは接合部分や
内部で結露して腐りが生じてきます。

・アルミ製の手摺であっても柱脚部分がコンクリートだと化学反応を起こします。

・海岸線から2km以内の建物は塩害に遭いやすいので鉄部の塗装、補修が多くなります。

修繕費用と関係ないのですが
温泉共同浴場付きマンションやフィットネス付きマンション、託児所付きマンション
など高付加価値マンションですが維持費が居住者負担(もちくは一部)となります。
毎日、継続的に温泉に入りたい。一生、シェイプアップしたいといった強じんな
意志があれば費用対効果も大きいと思いますが加齢につれてライフスタイルも変化します。
好むと好まざるに関わらず一生負担する維持費なので慎重に考えたいものです。
スポンサーサイト



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用