設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 2000年11月
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.001「狭小地があたらしい」

はじめまして
今日からゲリラ情報誌「すまいや倶楽部通信」の発刊です。
発刊といっても実は7年前にミニコミ誌として2号ばかり出して
いたので本来は3号目になるのでしょうか。
どうぞ末永くご愛読ください。
私、本来は建築設計を生業としてます。仕事柄、クライアントであるお客様、大工さんをはじめとする各職人さん、
小さな不動産屋さんからディベロッパー屋さん、
ゼネコンさん、雑誌社さん、テレビ局さんとか接する機会が多々あります。
図面ばかり描いているイメージがあると思われますが、
実際は外での打ち合わせが半分占めている現状なのです。
趣味でも変わった集まりと聞けば西へ東へバイクで車で駆けつけて
個性的な人たちと楽しみながら情報交換しております。
これから家を建てたいとか直したいとかまた、業界の裏情報とか
ウラワザを知りたい方々にお役に立てたらと思っております。

「狭小地があたらしい」
来週11/14(火)夜7:55~TV東京「火曜イチバン」で
「10坪の豪邸特集」というのに我が家が取り上げられてます。
都心ではまだ土地が高くて家が建てられないことや
立て替える土地が狭くて大所帯ではムズカシくても建物を工夫さえすれば
毎日楽しんで生活できるというのを実例を交えながら特集しています。
我が家の場合は狭い土地なので1.2.3階を10坪づつにして1階を仕事部屋と
茶室に2階をLDKに3階を寝室と子供部屋としました。
そしてなんと3階の南側の一番いいところに展望風呂を作ってしまいました。
いまでは3階にもお風呂を取り付けることが出来るのです。隣は洗面脱衣室なので朝起きて、気持ちよく洗顔が出来ます。
そして更に屋上に行く階段を上れば
そこには10坪の屋上スペースが出現します。
夏はプール秋はBBQ冬は露天風呂と四季折々の利用が出来ます。
日常は洗濯物を干しますが午前中で乾いてしまうこと
しばしばです。興味のある方はホームページのほうも覗いてみてください。
スポンサーサイト