設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 耐震
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.394「耐震助成金目当ての営業 2」

「耐震助成金目当ての営業 2」

区の助成金を利用して耐震補強工事を受けようとしたら、
登録業者から激しい営業を受けた相談者の話はつづく。

業者は助成金限度額一杯まで工事金額を吊り上げて売り上げを増したい。
建物所有者も助成金を目一杯借りたほうがお得だから双方がお得だという論法である。
差額は勿論、税金だ。

ここまでの話でも大いに眉をしかめてしまうものだが、
業者は耐震だけでは飽きたらず、
耐震改修工事と関係ない外壁や屋根についても塗り替えを熱心に勧めてきたという。
そうです、これが本来の目的だったのだ。
登録業者になるためには登録料を支払わなければならない。
業者も元を取るためにこういった方法で売り上げを伸ばすのだ。

相談者がもっとも疑問の思ったことがある。
そのお宅は地盤が緩かったせいもあり、家が縦横無尽に傾いていた。
玄関のタタキを上がり一歩目を踏み出したところで判るほど。
ドアも引戸も斜めにも関わらず、それについて業者は一切リフォーム提案をしてこないのだった。
そう、傾きを直すのはもっとも手間が掛かることで全部直すには膨大な金額になり、
一部だけだと効果も薄くクレームにもなり易い。
その点、外壁の塗り替えは簡単な仕事で売り上げも大きい、
見た目の満足度も高くクレームになりにくい訳だ。

耐震改修を謳っておきつつ、簡単な外壁の塗り替え受注を獲得し、
一番是正が必要と思われる床の傾きには一切触れないことに疑問を覚えた依頼主だったが、
これらのからくりを知った後は毅然とした姿勢で工事を受ける事としたという。
スポンサーサイト



テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

No.393「耐震助成金目当ての営業 1」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「耐震助成金目当ての営業 1」

ある日、都内某所に築50年の木造住宅にお住まいの方より、
ある程度の耐震を施しながら劇的空間のリフォームのご相談を受けました。

現代の基準並みに耐震を施すには高額な予算が掛かり、
なおかつ、魅力的な空間にリフォームとなると建替えたほうが得策の場合があります。
ところが現在の法律に沿って建替えるとなると、
以前よりも面積がずっと小さくなってしまうのです。

目論んでいる予算よりオーバーしてしまい、なおかつ小さくなってしまうことで
相談者は大いに悩まれました。

結局、区で助成してくれる耐震改修を受けてから再度ご相談とのこととなりました。
東京都では耐震率を高めるために積極的に助成をしております。

先ずは耐震診断を受け、結果内容により耐震設計に進み、耐震施工を施すといった流れです。
基準は区や条件によりまちまちですが、建物所有者は健康保険のような少ない負担割合で済むので、
積極的に活用されている様子でした。

耐震診断に要した費用の10分の8(上限20万円)
耐震改修設計に要した費用の4分の3(上限40万円)
耐震化助成対象工事費の4分の3以内(上限200万円)

耐震化に関わるのは登録を受けた建築士事務所と工事会社が専属で行います。
相談者は耐震診断を受けて耐震改修が必要な診断となったので、
耐震設計、耐震工事と話を進めようと思ったのですが下見に来られた、
専属の建築士と施工会社など業者の話が実に不親切だったので私に相談したそうです。

その内容とは、
業者は助成金限度額一杯まで工事金額を上げてきた。
具体的には耐震診断→耐震改修設計→耐震工事まで340万円掛けても
建物所有者が負担する金額は80万円程度なのでお得だということだった。

相談者の家族は日中出払っているのでひとりをいいことに次々に更なる営業を掛けてきたのだ。、

つづく、、

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ