設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 害虫

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.390「防蟻処理は重要だ」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「防蟻処理は重要だ」

年々、熱帯化する日本。
シロアリが住みやすい環境は日ごと増えてきました。

小笠原の友人の話では亜熱帯の父島には巨大な蟻塚がいくつもあり、
木造住宅を建てるとたちまち食害にあってしまうということでした。
本土でシロアリの被害に遭わないための鉄則は

隣地が密集しておらず風通しのよい場所。
基礎を高くしてシロアリが上ってきにくいようにする。
ベタ基礎にして床下からの侵入を防ぐ。
建物の外周部には木を置かない。

などでしたが先日、現場監督から聞いた話は実にショッキングなものでした。

ベタ基礎+基礎高更に上げ+建物周囲にコンクリートを打ったにも関わらず
シロアリが発生した。
平地の分譲地を購入、建物周囲も風通しが良く築7年目なのにシロアリが発生した。

以前は「基礎外周部に蟻道がないことを確認すれば、室内床はベタ基礎なので
まず大丈夫」と書いていましたが、もっと注意深く観察しなければならないようです。

なぜならシロアリはベタ基礎の打ち継ぎ時に出来た小さなヒビや、
外部から内部に引き込まれる配管の隙間を伝って内部に侵入してくるからです。
あなたの住まいが新築で5年以内であれば薬剤も効いているし、保証もつくので安心です。
5年を過ぎたら駆除会社より無料の点検をしてくれるので必ずみてもらいましょう。
経済的な事情もありますが、出来るだけ予防処理をしておくことをお奨めします。

あるシロアリ駆除会社によると予防処理で、
一階建坪20坪の場合 @¥6,825×20坪=¥136,500とのことでした。

5年間の保証がついているので、5年ごとに予防処理をするのが理想なのでしょう。
女王アリは、新しい巣を作るため、4月~7月羽アリになって飛び立ちます。

発見してからでは悲しい思いをするので予防が必要です。
スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。