設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技 すまいのメンテナンス
FC2ブログ

設計事務所アトリエシゲが教える住まいに関する情報や裏技

「家は叶う 建つべし! 建つべし!」個性派住宅を数多く手がけた建築家が楽しいすまい奪取への情報や裏技をわかりやすくときにはおもしろおかしく提供いたします。

No.405「気分を変えて自分で壁を塗ってみよう」

「気分を変えて自分で壁を塗ってみよう」

自由になる時間が一週間以上あるのなら、
新築を機会に壁を塗ってみよう。
自分でリフォームなんても楽しいですね。

壁塗りの道具はホームセンターで一式手に入ります。
エマルションペイントと書いてあるものをお使いください。

手に入るもの
・パテ(粉末や液体)
・コテ
・コテ受け
・寒冷紗やファイバーテープ
・マスキングテープ
・ローラ
・バケツ



ご存知だと思いますが、
エマルションペイント・EP(AEP)とは

エマルション樹脂を用いて製造された塗料です。
水で希釈でき、塗布後は水の発散によって固化し、
表面にはほとんど光沢のない被膜を作ります。
アクリル系エマルションペイント(AEP)は、低温でも造膜性がよく、
可塑剤がなくても皮膜形成が良く、色づけも容易です。
水性エマルションペイント(EP)は、耐水、耐アルカリ性にやや劣りますが、
有機溶剤を含まないので安全かつ無公害です。ほぼ無臭なので、
インテリア用として壁や天井に多く使われています。

検索しても丁度良い塗る方ページが見つからなかったので、
ちょっと記させて頂きます。

・床や窓枠、ドア枠などをマスキングテープで養生する。
・石膏ボードの継ぎ目に寒冷紗(ファイバーテープ)を貼る。
・パテで石膏ボードの継ぎ目やビス穴を埋めて乾かす。
・紙やすりでパテ部分を平滑にする。
・再びパテを盛る。
・紙やすりでパテ部分を平滑にする。
・パテは乾くと収縮するのでフラットになるまで繰りかえす。
・エマルションペイントをローラーで隅の方をだけを塗る。
・全体を塗る。
・2~3回繰りかえす。
・養生シートを剥がす。

完成


パテ埋め動画
http://www.youtube.com/watch?v=4aInq7MeuSc

塗り方例
http://www.habil.co.jp/gmg3r744/

塗装道具セット(パテ埋め関連無し、パテ、コテ、コテ受け、寒冷紗は別途入手)
http://item.rakuten.co.jp/iiiro/ecofrat70-and-a-set/


マグネットペイントなんてあります。
http://item.rakuten.co.jp/paintjoy/sp-305/


漆喰塗りも工程的には近いのでそちらで検索してもよいでしょう。

ベンジャミンムーアペイント  水性  ペイントスターターキット  はじめての方に最適な塗装工具セットベンジャミンムーアペイント 水性 ペイントスターターキット はじめての方に最適な塗装工具セット
()
Benjamin Moore (ベンジャミンムーア)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

No.372 築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。番外編2

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。番外編2

大きなメンテナンスは10~15年ごとに訪れます。
よって二回目のメンテナンスは20~30年の間に行われます。
住まいを住宅ローンを利用して建てた場合は30~35年の長期ローンを
組むのが一般的です。長年住むうちに子供が巣立ったり、
子供が孫を連れて帰ってきたりすることもあるでしょう。
そういった変化に住まいも対応してゆかなければなりません。
間取りを変更したり、水回りを増やしたりリフォームをする必要があります。
メンテナンスの時期だから思い切ってリフォームするかとも考えますが、
住宅ローンがまだ支払い中で余剰金はありません。

そんなときに役立つローンがあります。
リフォーム代金込みで借り換えローンを組む方法です。
十数年前借りた金利と比べると、最近は超低金利。
よって借り換えをする人が増えています。
条件によりけりですがリフォーム代金を入れても
月々の支払いが1万円以下のアップで済んだ事例もあります。

すまいとリノベーションプランはお奨めです。
http://www.sumaito.com/renovation/index.html


テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

No.371 築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。番外編

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。番外編

家を新築してから大規模なメンテナンスが必要になってくる時期は
新築後10~15年目ではないでしょうか。
築13年の我家でも外壁が傷んできたので、
昨年、メンテナンスを致しましたが、同時期に知人のお宅では屋根を
塗り替えました。
どういったことで屋根の塗り替えに至ったかを話してくれました。

築年数は15年程、道路から自宅の屋根を見上げると、
緑色の付着物が目立つようになって来たという。
それはコケだった。
そのままで大丈夫なのかが心配だったが、
忙しい毎日だったのでついそのまま放っておいた。
それから数ヵ月後、玄関チャイムが鳴り、外に出ると、作業着姿の人が立っていた。
話を聞けば屋根の棟を抑える釘が経年変化で浮いてきているから、
屋根に上ってかなづちで叩いて押し込まないと雨漏れする危険性があると言ったそうだ。
急に心配になった知人の顔色を伺いながら続けて、
良ければ屋根に上って無料で直してくれるという。
男は訪問販売のリフォーム屋だった。

無料に弱い知人はその提案を受け入れて翌日、他の社員を引き連れてやってきた。
長梯子を屋根に掛け作業員が数人上がり、浮いたらしい釘をかなづちで叩き出した。
家人から見えない位置の屋根に移動した後、なにやら手に持ってやってきた。
「屋根のスレートが割れています。下地の防水シートが見えていますが、直してほうがいいですよ」と大きな声で叫んだ。

益々心配になった知人は早速、見積を取り、屋根の塗り替えと補修をしてもらった。
見積を聞いてビックリの100万円だった。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

No.370 築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。4

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。4

家を新築してから大規模なメンテナンスが必要になってくる時期は
新築後10~15年目ではないでしょうか。
築13年の我家でも外壁が傷んできたので、
昨年、メンテナンスを致しました。
その感想を数回に分けてご紹介いたします。

外壁の塗り替えの金額の目安ですが、
良心的な工務店さんの話では30坪総二階で50万円ぐらい
屋根の塗り替えまで入れても80万円ぐらいだとのことでした。
今回もそのくらいの予算でした。

外壁の塗り替えの順番ですが、これが結構、大変で職人さんのご苦労が
よくわかりました。

足場を掛けます。
養生ネットを張ります。
外壁を高圧洗浄機で洗います。
サイディング壁であれば継ぎ目のコーキングを剥がします。
剥がした継ぎ目に新しいコーキングを充填します。
窓やドア、換気扇フードなど新しい外壁を吹いてはいけない部分のマスキングをします。
新しい外壁の下地材を吹きます。
外壁材を1回吹きます。
乾かしてさらにもう1回吹きます。
マスキングを剥がします。
養生ネットを剥がします。
足場を取ります。

外壁の塗り替えは高額と思いますが、
これを自分でやるとなると工具もないし、時間もないし、
まあ、大変ですね。

良心的な塗装屋さんや工務店さんにお願いするのがよさそうです。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

No.369 築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。3

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 特集 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
築13年の自宅をメンテナンスして思ったこと。3

家を新築してから大規模なメンテナンスが必要になってくる時期は
新築後10~15年目ではないでしょうか。
築13年の我家でも外壁が傷んできたので、
昨年、メンテナンスを致しました。
その感想を数回に分けてご紹介いたします。

今回は外壁の塗り替えをするときに一緒にメンテナンスをしようと思ったが
結局、見送った場所を紹介いたします。
10~15年に一度は必要な大規模メンテナンスです。このタイミングで行わないと
次の10~15年後まで持つか持たないか微妙な部位があるので迷います。

例えばガス給湯器の交換
その耐久性は10年とも言われています。なら13年の我家はもう、壊れてもおかしくない時期に突入しています。
普通のお宅なら給湯器は1階についているから交換も易いのですが、我家は3階。特殊なハシゴが足場がないと交換出来ないのです。足場がある今回に交換したほうがいいかなと考えてもみます。でもどうせ、交換するなら自由価格競争のプロパンガスは料金設定が不透明でなんとなく怪しいのでエコキュートにしてしまうことも考えました。エコキュートは電気上手という深夜料金が割安になるプランに切り替えて始めてお得になるのです。反面、昼間の電気代が1.5倍になります。日中、電器を使う我家にとってはマイナスで二の足を踏んでしまうところ。プロパンガス屋さんに料金を下げてくれる交渉をしたらドンドン下がったこともあり、プロパン続行にして次の外壁塗りかえ時にまた同じことを考えようと思いました。給湯器は壊れるところまで使い、壊れたら長いはしごで対応してもらうつもりです。


テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ